「バラコラ」チャ・テヒョン、俳優部門ではなくバラエティタレント部門にランクイン⁉ 見事な笑いのセンスでバラエティ番組を席巻中!

最近、俳優たちのバラエティ進出が相次いでいるが、俳優でありながら、抜群のバラエティセンスを持ち、持続的にさまざまなバラエティで成功しているのはチャ・テヒョンぐらいだろう。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、イ・スンギとタッグを組んだローカル旅行バラエティ「ソウルの田舎者」(tvN)が早期終了となり、名残惜しさを残したが、その後、各種バラエティにゲスト出演し、大活躍している。

中でも、イ・スンギがレギュラー出演中の「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」(SBS)では、嵐のように現れ、嵐のように去っていき、強烈なインパクトを残した。10月18日(日)と25日(日)の2週にわたって、俳優ペ・ソンウ編が放送されたが、サプライズ出演をしたのだ。チャ・テヒョンにとって、ペ・ソンウはラブコールを送り、映画で2回共演した尊敬すべき、仲の良い先輩。この日の師匠(ゲスト)について、ヒントを与える「ヒントの妖精」として、電話通話で声の出演をした後、バラエティに慣れていないペ・ソンウを援護射撃するため、イ・スンギとサプライズを仕掛け、その日の夜に、他のメンバーたちには内緒で、ロケ現場にまで駆け付けたのだ。

そして、バラエティをよく知っているチャ・テヒョンらしく、撮れ高を気にし、ペ・ソンウが上手くできそうな演技ゲームを提案。「映画のタイトル」というお題でのジェスチャーゲームでは、体を張った動きで大爆笑を巻き起こし、早泣き対決では感情のコントロールではなく、目を大きく開けて涙を出す作戦に出たが、思いがけず顔芸披露となってしまい、涙は出ず、芸人ヤン・セヒョンに完敗した。それでも、しっかり笑いはゲット。笑い上戸なチャ・テヒョンのリアクションや、笑い声が現場をさらに盛り上げるため、それが大きな笑いにつながり、取れ高は十分。まさに職人芸のような立ち振る舞いだった。

チャ・テヒョン本人が、韓国企業評判研究所が毎月発表している、スターのブランド評判ランキングで、俳優部門ではなく、バラエティタレント部門にランクインすると自虐的に言っていたが、世間的に見ると、それぐらい面白いということだ。ちなみに、10月のランキングではヤン・セヒョンが26位で、チャ・テヒョンが22位。早泣きでは負けたが、ランキングでは上回る結果だった。

(2ページに続く)

  • 「バラコラ」キム・ミンギュ×クン(WayV)、K-Beautyの最新トレンドを紹介!テイラー・スウィフトのカバーメイクにも挑戦!
  • 「バラコラ」おしゃべりなチャン・ヒョク×責任感の強いソユら、「ヨット遠征隊:ザ・ビギニング」で絶妙なケミストリーを発揮!
  • 「バラコラ」「SEVENTEEN」、「知ってるお兄さん」で名前エピソードを披露! ジョンハンが選ぶ「イケメントップ3」は?
  • 「バラコラ」「AB6IX」、イ・デフィの戦略でクイズの勝利も番組に映る時間も両方ゲット! ニックン(2PM)と貴重なコラボステージも!
  • 2020.10.31

    blank