「青春の記録」キム・ゴヌ、パク・ソジュンに3年目のありがたい理由は?

俳優キム・ゴヌが、パク・ソジュンに対して隠してきた感謝の気持ちを表現した。
キム・ゴヌは、最近行われたtvNドラマ「青春の記録」の放送終了記念インタビューで、「実は、パク・ソジュン兄さんに本当にありがたい。私もそんな俳優になりたいと思った」とはにかむように告白した。

2017年7月に放送が終了したKBS 2TV「サム、マイウェイ」でドラマデビューしたキム・ゴヌは当時、憎みきれない虚勢ファイターのタクス役で強烈なインパクトを残した。この時、主人公のコ・ドンマンを演じたパク・ソジュンと対戦して興味深いコンビを完成した。
当時を思い出したキム・ゴヌは、「相手がたった今デビューしたばかりの俳優ならば、ソジュン兄さんの立場ではいろいろあったと思うが、気楽に演技しろと配慮してくださった。ソジュン兄さんを見て、私も後であんな先輩になりたいと思った。兄さんのファンになって以来、『キム秘書はいったい、なぜ?』や『梨泰院クラス』などすべて見た」と満足そうだった。

(2ページに続く)

・俳優キム・ゴヌ、パク・ボゴムと一緒にスーツ姿披露

・≪韓国ドラマNOW≫「青春の記録」9話、パク・ボゴム、キム・ゴヌを抜き演技大賞の最優秀賞受賞…パク・ソジュン特別出演

・俳優パク・ボゴム×キム・ゴヌ、イケメンの隣にまたイケメン!!…眩しい笑顔

・≪韓国ドラマNOW≫「青春の記録」1話、パク・ボゴム、キム・ヘユンとキム・ゴヌの恋愛関係をこじれさせビンタを食らい登場

2020.10.28

blank