やっぱりパク・ボゴム「青春の記録」最終回、最高12.1%自己記録更新、同時間帯1位で有終の美を飾る!

※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

tvN月火ドラマ「青春の記録」が美しい青春のページのピリオドを打った。

去る27日放送された「青春の記録」最終回の視聴率は、ケーブル、IPTV、衛星を統合した有料のプラットフォームで、首都圏基準平均10.7%の最高12.1%記録し自体最高を更新、地上波を含む全チャンネル1位を占めて完ぺきなフィナーレを飾った。全国基準もまた、自体最高記録である平均8.7%の最高9.9%で、ケーブルと、総編を含む同時間帯1位を強硬に守った。tvNターゲットである男女2049視聴率でも、首都圏基準平均4.7%の最高5.6%、全国基準平均4.0%の最高4.8%で、地上波を含む全チャンネルで同時間帯1位を記録し、有終の美をおさめた。(有料のプラットフォームベース/ニールセンコリア提供)

この日の放送ではサ・ヘジュン(パク・ボゴム)とアン・ジョンハ(パク・ソダム)は、お互いの夢を応援し、友達の関係に戻った。思い出に残るより幸せだった瞬間を美しく記憶したかった。より良い人になるために努力し、柔軟な人に成長することができるようになったことを感謝した。サ・ヘジュンを激しく揺さぶった危機は、大切なことを悟らせる踏み台となった。周辺の引き止めにも軍入隊を決定したことも、明日がこれ以上不安ではないからだ。その2年後サ・ヘジュンとアン・ジョンハは偶然撮影現場で再会した。昨日会った友人のようにさわやかな2人の挨拶は強くなって帰ってきた2人の新しい青春の明日を期待させ、ときめきをプレゼントした。

「青春の記録」は、放送中、国内外の視聴者たちの熱い愛を受けた。 tvN、歴代月火ドラマの初放送で視聴率1位を更新してスタートした「青春の記録」は、多くの話題を呼び、視聴率と話題性の両方を得ることに成功した。
tvNチャンネルターゲットの2049の視聴率は最後まで地上波を含む全チャンネルで1位を獲得する勢いをみせた。 各種の話題性やチャートまでもすべて最後まで視聴者たちを熱狂させた。 海外の反応も、やはり爆発的だった。 タイム誌とフォーブスなどの主要海外メディアで集中的に分析された。 また、ネットフリックスを通じて190カ国にストリーミングされた「青春の記録」は放送第1週目でネットフリックス国内ランキング1位に上がり、2週間目には世界ランキングTOP 10にランクされ、話題を集めた。

サ・ヘジュンとアン・ジョンハの再会は終りではなく新しい始まりを意味した。 今日より明日をもっと期待させる青春の夢と愛は変わらずに現在進行形だ。 最後まで青春の真の意味をかみしめながら共感をもたらした「青春の記録」の結末に多くの賛辞の声が殺到した。

 

  • 《韓国ドラマNOW》「青春の記録」最終話、パク・ボゴム、パク・ソダムと決別した後に入隊計画…「軍隊に行こうかと」
  • <トレンドブログ>女優シン・ドンミ、パク・ボゴムとのツーショットで「青春の記録」最終回のリアタイ視聴お願い
  • 女優パク・ソダム、最終回目前ドラマ「青春の記録」の終了を慰める現場ショットを大放出
  • パク・ボゴム、眼差しひとつで十分。軍空白期を感じさせない感動の熱演「青春の記録」
  • 2020.10.28

    blank