<トレンドブログ>【グラビア】映画「音もなく」俳優ユ・アイン&ホン・ウィジョン監督、グラビアも映画のように


映画「音もなく(原題)」のユ・アインとホン・ウィジョン監督が、ファッションマガジン「DAZED KOREA」を通じて感覚的で映画的な演出が引き立って見えるグラビアを公開しました。

誘拐された子供を思いがけず引き受けることになった2人の男が、その子供によって予想できない事件にまきこまれる話を描いた映画「音もなく」。 この映画の主役であるユ・アインとホン・ウィジョン監督がケミを見せたグラビアが、「DAZED KOREA」11月号を通じて公開されました。

グラビアは、ユ・アイン、ホン・ウィジョン監督のお互いに向かった深い信頼と信頼が引き立って見えて、見る人々の視線を圧倒する。 ユ・アインは自然な粋と節制されたカリスマでグラビア職人らしい面を誇って、上手に撮影を進めました。 特に、監督と俳優の関係を鏡という小道具や試写室を通じて表現して、映画的な演出が際立ったコンセプトで視線をひきつけます。

グラビア撮影後進行されたインタビューでホン・ウィジョン監督は、「明らかな勧善懲悪的な態度を映画に入れたくなかった」と、所信を話して作品に対する好奇心を加えました。 ユ・アインは「ホン・ウィジョン監督様との作業は、確かに同じところにいたような気がした」と、話してホン・ウィジョン監督とのシナジーに対する期待を高めました。

ユ・アインとホン・ウィジョン監督のより一層多様なグラビアカットと、「音もなく」の多彩な話とビハインドストーリーが入れられたインタビューは、10月22日発行された「DAZED KOREA」11月号で確認することができます。



WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2020.10.25

blank