「コラム」秋だからこそ心に響く韓国ドラマの名ゼリフ!

韓国ドラマには名ゼリフが多い。それに触れていると、人生をしみじみと考えるようになる。特に、晩秋には名ゼリフがよく似合う。そこで、4つの印象的なセリフを韓国ドラマから選びだしてみた。

現在を生きる大切さ
まずは、最初のセリフ。
「この世には2種類の幸せがある。ひとつは後から振り返ったとき気付く幸せ。もうひとつはその場で実感できる幸せ。その場で実感できる幸せはとても貴くて、その時の思い出だけで一生生きていけるほどだ」
これは、『ドリームハイ』の第20話で、ようやくチャンスを得た主人公が発したセリフ。人生において、わずかに訪れるかけがえのない輝き。それこそが人生の絶頂だと気づかせてくれる。

二番目のセリフ。
「今よりも大切な“次”はない。永遠に“次”が来ないかもしれないから。目の前にある今ではなく、来るかもわからない次の機会を待てるほど人生は長くない。勇気がなくて今を諦めるなら、次の機会にも希望はない」

これは、『応答せよ1997』の第13話で、偶然に再会したユンジェ(ソ・イングク)とシウォン(チョン・ウンジ)の会話の中の一節。生きている“今”の大切さを気づかせてくれる。
(ページ2に続く)

チ・チャンウクは『僕を溶かしてくれ』の素材が新鮮で面白いと言った

パク・ソジュンが『キム秘書』で演じたナルシストは最高の適役!

チ・チャンウクは『あやしいパートナー』でキャリアを見事に高めた!

パク・ボゴム主演『青春の記録』の展開が面白くなってきた!

『愛の不時着』で見せるヒョンビンの人間的な深みに感動!

2020.10.24

blank