“「Red Velvet」アイリーンは誰よりもあたたかい人”…パワハラ問題、スタッフたちから擁護続々


「Red Velvet」アイリーンがパワハラ論議で謝罪した中で、彼女と長い時間働いているスタッフが擁護に乗り出した。

アイリーンは暴露文とは異なり、良い人だということだ。

21日、アイリーンはパワハラ疑惑に包まれた。あるエディター出身スタイリストは自分のSNSを介して一緒に作業していたアイドルAさんのパワハラについて文を掲載した。「Red Velvet」を連想させるハッシュタグをつけて、Aさんがアイリーンだという推測があふれた。

以後、22日「Red Velvet」所属事務所は「アイリーンは、スタイリストと直接会って、軽率な態度と感情的な言動で深く傷つけた点について心から謝罪し、未熟な姿で多くの方にご迷惑をおかけし申し訳ない気持ちだ」と明らかにした。

アイリーンも自分のインスタグラムのアカウントに「私の愚かな態度と軽率な言動でスタイリストの方を精神的に傷つけ、心から申し訳ない。今回のことを通じて、過去を振り返ってみると私の足りない言動がとても恥ずかしく、スタッフの方々の大切さをもう一度感じた。今後このようなことがないように、より慎重に考えて行動する」と文を残した。

以来、アイリーンと長い呼吸を合わせてきたスタッフは、今回の論争について擁護文を残している。スギョンスンス清潭(チョンダム)本店代表院長は「アイリーンがこれまで美容室では何もなかったのかと尋ねてらっしゃいますが、当然美容室を長く通えば話が出てくる。しかし、アイリーンは良い話が多い芸能人だ。年末になるとスタッフらに感謝の手描きの手紙に、最年少のスタッフにもビタミンをプレゼントし、感謝をすることを知っているようなそんな芸能人だ」と述べた。

続いてスギョン院長は「プレゼントが全てではないが、性格も良く、ショップヘアー、メーキャップの多くのスタッフがアイリーンをとても好きだ。良い所の方が多い芸能人だから、このような状況が本当に残念だ」とし、「アイリーンはファンの方々が知っているような良い人で合っている。短い文だけでも、アイリーンの小さな力になりたい」と話した。

「Red Velvet」のヘアスタイリスト、ユン・ソハは「私は2015年から『Red Velvet』のヘアステップで一緒に働いてきたヘアスタイリストのユン・ソハだ。長い間、メンバーたちと一緒にしながら、お互いがお互いに心から接して働かなかった事はない」と「アイリーンは私にチームのリーダーとして信頼をくれて、『Red Velvet』というチームのヘアスタイリストとしての誇りを感じさせてくれる友達だった。長い間見てきたアイリーンは、人にどんなことでも正確さと信頼性を与えるの人だった。私が何年も働いてともすれば家族よりも頻繁に会うこの人(アイリーン)に、仕事で不平等に直面したなら、私はすでに辞めている」と褒め称えた。

特にユン・ソハは「長年一緒にしてきた『Red Velvet』ステップは知っている。このチームにとってアイリーンとメンバーたちは、スタッフとメンバーの間である以上に、お互いに力になって頼れるようにしてくれている。アイリーン、君はいつも力になる友達で妹で、アーティストだった。毎日言う言葉だが、毎日ありがとう」と力を加えた。

(2ページに続く)

 

  • 【全文】“パワハラ暴露”スタイリスト、「アイリーンから直接謝罪。金銭的合意はしていない」
  • 「Red Velvet」、結局「K-Culture Festival」を欠席=アイリーンのパワハラ騒動の余波
  • 【全文】「Red Velvet」のスタッフ、“パワハラ騒動”のアイリーンを擁護する文章を投稿=「誰よりも温かい人」
  • <トレンドブログ>【直訳全文】DCINSIDE「Red Velvetギャラリー」アイリーン脱退要求声明文
  • 2020.10.24

    blank