女優イ・ジウォン、“「SuperM」との演技、特別な経験になった”


「ブラームスが好きですか? 」でイ・ジウォンは顔色を見ずあっさりとした発言で、時には憎らしいキム・ヘナを完全に消化した。

キム・ヘナを演じた女優イ・ジウォンは憎さよりも欲が多い女優であった。面白い演技をしてみたいというイ・ジウォンは限りなく透明し透明で、より美しかった。

イ・ジウォンは最近、SBS「ブラームスが好きですか? 」放映終了のインタビューで、「序盤は緊張をたくさんした。私が作品に溶け込むことができるか心配していた。先輩たちと呼吸を合わせるのも心配で、バイオリンの演奏も不慣れに見えるかと心配をたくさんした」と告白した。

イ・ジウォンにバイオリニストの役割は、容易ではなかった。イ・ジウォンは「ヘナを演じることになってからバイオリンのレッスンをしたが、最初のレッスンから全く出来ず心配だった。二か月間の頑張ってレッスンを受け、練習をしながら、ある程度できるようになってよかった。しかしバイオリンはこのまま見送る予定だ」と爽やかに語った。

イ・ジウォンは舞踊もしたし、高校に通う頃には、ミュージカルにも出演していた。イ・ジウォンは歌と踊りと演技まで多彩な芸を備えている。イ・ジウォンは「演技ではなく、舞踊をした。私がしたくて選択をしたのではなかった。舞踊をしていて、ある日突然ミュージカル公演を見て、生まれて初めてその時俳優になりたいと思い始めた。以降、ミュージカルに出演したりした。爆発的な歌唱力やソウルはないが、ミュージカルの役が与えられら、一生懸命やりたい」と説明した。

才能が多いイ・ジウォンはtvN「お望み通りに」で「SuperM」のメンバーたちと一緒に呼吸を合わせた。イ・ジウォンは「アイドルを生まれて初めて見た。演技をしていた方ではないが不思議だったのが、一緒に演技をしながら目つきが生き生きとしていた。演技をしていない人たちで合っているのか、こんな考えもした。特別な経験だった。その方たちがぎこちないと言ってらっしゃって、私もぎこちなくしてしまうと、よりきまりが悪くなると思い、集中して演技した」と述べた。

イ・ジウォンはコミック演技に対する欲も表わした。イ・ジウォンは「何でもしたい。憎い役割をたくさんして、明るく楽しく人々を笑わせるの役もしてみたい。『ブラームスが好きですか? 』では文化財団のオフィスで先輩たちと愉快に演技した。その記憶が本当に良かった。良い人に会って楽しい役をしたら幸せだろうと思った」と言いながら、目を輝かせた。

WOW!Korea提供

 

大ヒット「SKYキャッスル」出演のイ・ジウォン、新ドラマ「驚異的なうわさ」にキャスティング

・チョン・ジュノ、ドラマ「SKYキャッスル」娘役のイ・ジウォンと映画「ヒットマン」で再会「将来立派になるだろう」

・新人女優イ・ジウォン、SLent Gloceanと専属契約を締結

・映画『ヒットマン エージェント:ジュン』レトロ風予告映像解禁(動画あり)

2020.10.22

blank