キム・ヘソン、「ユジン(S.E.S.)さんはルックスも性格も最高、でも僕は『Fin.K.L.』派だった(笑)」…映画「紙の花」で共演


俳優のキム・ヘソンが「『S.E.S.』のユジンさんのルックスを見て驚いた」と述べた。

キム・ヘソンは今月19日午前、ソウル・サムチョンドン(三清洞)のカフェで行われた映画「紙の花」(監督:コ・フン、製作:ロード・ピクチャーズ、配給:スタジオボナンザ)のインタビューで、「こんなふうに生まれた方がいるのだろうか、と思うほどにルックスが美しくて驚いたが、性格がもっといい」と、このように明らかにした。

「紙の花」は事故で身体が不自由になった息子と生きていく葬儀士のソンギル(アン・ソンギ)が、隣の家に引っ越してきた母と娘ウンスク(ユジン)とノウル(チャン・ジェヒ)に出会い、忘れていた人生への希望を抱くことになる物語を描く。キム・ヘソンはユン・ジヒョクを演じた。

ユジンに対して彼は「ルックルもとても美しく実は驚いた。だがそれより性格がもっとよく、最高な方だった」とし、「お会いする前には抜け目ない人のようなイメージがあったが、実はまったくそんなことがなかった。後輩たちにうまく合わせながら、楽しく撮影していたようだ。でも僕は(『S.E.S.』の活動)当時に『Fin.K.L.』の方が好きだった」と冗談を交じりで笑いを誘った。

(2ページに続く)

・女性お笑い芸人キム・ヘソン、新型コロナによりドイツ人夫と離れ離れ… 「あなたが来てくれることが、何よりのプレゼント」

・“チャングム母役”女優キム・ヘソン、ハリウッド進出か

・女性お笑い芸人キム・ヘソン、3歳年下ドイツ人男性とのウェディング写真を公開 ”出会いは留学先”

・女性お笑い芸人キム・ヘソン、2年交際のドイツ人と11月3日に結婚

2020.10.20

blank