【VERIVERY】 5th Mini Album「FACE US」発売のお知らせ

[ DIY ver. ]

[ Official ver. ]

♦5th MINI ALBUM 『FACE US』 2020.10.13 Release

〇ʻ我らʼという希望、広場のストーリー [FACE US]
VERIVERYならではの⽅式で再構成した世界は、うわべ、疎外、断絶はなく、全てのアイデンティティが鮮明に⽣きており、固い繋がりと理解を通じて、ついに創造的破壊で作った広場に到着した。 今回の『FACE US』はʻFACE itʼシリーズの3つ⽬のエピソードであるだけに、VERIVERYならではの⾳楽と完成度の⾼いパフォーマンスを披露する予定で、ʻ新しい我らだけの世界ʼというメッセージに合わせて、⾳楽、振り付け、スタイルなど多⽅⾯にわたって変化した姿を⾒せ、皆の視線を集めるだろう。

〇ʻGo beyond the barrierʼ さらに発展した⾳楽的成⻑と⼒強く洗練された振り付け
タイトル曲「G.B.T.B.」のʻGo beyond the barrierʼという歌詞が、壁を乗り越えて新しい世界に進むというVERIVERYの抱負を込めただけに、よりインパクトのある⾳楽が誕⽣し、これを直感的に表現するパワフルな振り付けはさらに洗練されたキレのいいダンスで完成度を⾼めた。
特に、曲の進⾏速度に合わせた振り付けとメンバーの有機的な繋がりを表現した振り付けは、既に⽴証されたVERIVERYのパフォーマンスの地位を⾼める予定だ。
〇ʻ全世界の拡張性ʼを込めたジャケットとミュージックビデオ
『FACE US』のジャケットとミュージックビデオは、ʻ我らという希望と広場の物語ʼを感覚的に表現して五感を刺激する。
ジャケットでは多様な⾃我が作り出した新しい世界(広場)の到来を⾒せられるようメンバー個⼈の魅⼒を強調した。光の筋(レーザー)という媒体を通じてʻ前進するʼというアルバムのメッセージを直感的に表現し、ʻ空間ʼを表現できるオブジェを使ってʻ新しい世界に移るʼという意味を込めた。特に、テクウェアと融合したミリタリールックの強烈なコンセプトと、気楽で明るい感じのデニムルックで反転したイメージを最⼤化し、VERIVERYの魅⼒を倍増させた。
ミュージックビデオはうわべ、疎外、断絶のない世界の構成員たちの固い絆と理解を通じたʻ互いが共にするʼというメッセージを込めた。メインセットである円形空間を通じて⾳が拡張されるイメージを最⼤化し、⼈⼯衛星、サーバー室のようなテクノロジー要素を利⽤し、VERIVERYのメッセージが全世界に伝わることを表現した。特に、VERIVERYのより⼀層激しくなったパフォーマンスがミュージックビデオのスケールを広げ、メンバーが伝えたいメッセージの⼒を加えた。
〇主体的な試みを通じ完成度を⾼めるDIYコンテンツ
今回のDIYアルバムではʻ⾃分が考える良い世界ʼというテーマで、寂しく孤独な現実で⾃分が⽣きている理由と、些細なことから良さを感じることに対する悩みを重ねながら、内⾯の成⻑していく過程を⾒せる。ジャケットのイメージに登場するアイテムと背景のカラーは、メンバーたちが直接選んだもので、各⾃の好みと個性を盛り込みVERRERにとって最も興味深いアルバムになると予想される。
後に公開されるDIYミュージックビデオは、タイトル曲のミュージックビデオとは全く違うコンセプトで、アーティストとしてのVERIVERYと⻘春を⽣きるVERIVERYが直⾯する混乱と克服過程についての深いストーリーがおさめられるだろう。今回も、メンバーのMINCHANが直接、監督、撮影、編集まで担当し、メンバーたちの熱演が引き⽴つ予定だ。

  • 「VERIVERY」、「FACE it」トレーラー映像奇襲公開…高まるストーリーへの好奇心
  • 「VERIVERY」、初ペンミーティング「VERRERDISE」2次ポスターサプライズ公開…吃驚する面白さ
  • 「VERIVERY」、20日にデビュー後初のファンミーティングを開催=”多様なコンテンツを準備”
  • 「覆面歌王」、“チョンジン”の正体は「VERIVERY」ヨンホ…IUの「Ending Scene」披露
  •  

    2020.10.13

    blank