<Wコラム>日本軍の徴兵制度が維持される韓国、「BTS(防弾少年団)」の活躍で兵役特例の議論

日本の統治時代を通じて近代化された韓国。軍隊の兵役制度もその例外ではない。

太平洋戦争の間、朝鮮半島出身の大勢の若者が日本の軍人となった。当時、半島出身が日本の軍人になることは、社会的な出世の方法であり、経済的に困窮な家族を救う方法でもあった。

大勢の朝鮮の若者が日本軍に入ることで永遠に続くと思われた帝国の中で、朝鮮民族が認められる良いチャンスだと思っていた朝鮮の知識人もいた。神風特攻隊として亡くなった若者もいたし、終戦後に”戦犯”として裁かれ死刑になった若者もいる。

無事に故郷に帰ってきた若者は、5年後、朝鮮戦争に巻き込まれる。ソ連の武器を持つ北朝鮮軍に対して、韓国軍は米軍の武器で対抗した。その中、日本軍として訓練され、日本軍の制度を学び、日本軍として戦争を経験した大勢の若者の存在は大きかった。

その後、70年の歳月が流れた。韓国軍の隅々には日本軍の名残がある。軍隊が無くなった”本家”日本には残っていないものもある。

北朝鮮との”休戦”状態で韓国は徴兵制を維持するしかなかったが、服務期間は段々短くなってきた。しかし、まだ2年余りの時間を社会と隔離される若者の負担は大きい。

職業のキャリアーの中、20代に2年の空白期間を持つことが致命的な場合もある。スポーツ分野や音楽分野の場合、20代にその成果が出る場合が多い。しかも、その仕事を続けることが、軍人として働くことより、圧倒的な「国威宣揚」になる場合もある。

日本の名曲「上を向いて歩こう」。坂本 九のこの曲は「Sukiyaki」という題名で米国でも発売された。1963年6月15日にはビルボード「Hot 100」1位の偉業を成し遂げる。その1位を2020年9月、韓国のアイドルグループ「BTS(防弾少年団)」の「Dynamite」が成し遂げた。しかし、この曲は韓国の兵役制度に対しても「ダイナマイト」になっている。

(2ページに続く)

・BTS(防弾少年団)ジミン、ダンスに熱中する姿が美しい…コンサート準備真っ最中

BTS(防弾少年団)、ホットな軍入隊問題…ソ・ウク韓国国防部長官、“特例考慮なし。延期検討”

・「バラコラ」「I-LAND」、“シグナルソング”の初代センターは日本人練習生のニキ! 最初のテストは厳しい結果に

・<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う”話題のカップル”ヒョナとイドン(PENTAGON)

2020.10.07

blank