「オフィシャルインタビュー」パク・シフ日本デビューシングル「君を...」“歌詞の中でぐっときた部分は?”

日本デビューシングル「君を...」発売記念パク・シフのオフィシャルインタビュー

この度、韓国ドラマ「清潭洞<チョンダムドン>アリス」、「王女の男」、「逆転の女王」、「検事プリンセス」などでアジア各地のファンを魅了している韓国俳優パク・シフが、日本でCDデビューすることになった。

CDデビューシングル「君を…」は、タワーレコード渋谷店が立ち上げたテーマとなっている「LIVE LIVEFUL!」を冠に、渋谷店独自の視点でアーティストやレコードメーカーとコラボレーションする「LIVE LIVEFUL! COLLECTION」の第14弾目。タワーレコード全店・TOWER mini、タワーレコードオンライン、パク・シフオフィシャルファンクラブ限定で2015年1月27日(火)に発売となる。

パク・シフのオフィシャルインタビューが届いた。

 

−1月27日、「君を...」でCDデビューされますね。CDデビューについての感想をお聞かせください。
これまでファンミーティングを準備しながら、歌を歌ったことはありましたが、今回、正式に歌手としてデビューすることになり、やっぱり感慨深いものがありますね。日本語の歌詞でレコーディングをすることになり、最初は大変なこともたくさんありました。でも、日本のファンの皆さんに喜んでもらいたいという思いで、一生懸命、練習に練習を重ねながら無事に終えることができました。

 

−「君を...」の歌詞の中で特にパク・シフさんの心にぐっときた部分といえば。
「僕を信じ 待ち続けた〜、今 君のために 行くよ〜」という部分です。いつも僕を支えてくれるファンの皆さんのことを思う心でいっぱいの、僕の気持ちをそのまま表現した一節なので、やはり特に印象深いですね。

 

−今回のCDには、パク・シフさんとのディナーデート応募券が入っていますね。当選された皆さんと韓国でディナーデート…。考えただけでドキドキですが、どんなデートにしたいですか。
まだ具体的に考えてはいませんでしたが、ありきたりではないデートを楽しみたいですね(笑)。今までほかの人がやったことがないような特別なイベントを準備できるように努力しますね。どんな方々とデートできるのか、僕のほうがむしろドキドキですよ。

 

−映画「サランフ愛(After Love)(原題)」の公開も控え、パク・シフさんのことしの活動に期待が集まっています。パク・シフさんご自身は、2015年、どのような1年にしたいですか。ことしの抱負、そして最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
ことしは僕にとってとても重要な1年になりそうです。何よりも、いつも応援してくださるファンの皆さんに素敵な作品を通してご挨拶することができますしね。今回日本でリリースしたシングルや、歌手としての僕の姿にも期待していただければうれしいですね。いつも新しい姿をお見せする、そんなパク・シフであり続けたいと思います。どうぞご期待ください。ありがとうございます。

 

WOW!korea提供

2015.01.22

blank