チャン・ジェイン、18歳の頃に受けた性暴力被害を告白…深刻な闘病生活など赤裸々な内容に衝撃走る

歌手のチャン・ジェインが過去の性的暴力の被害事実を告白した。

チャン・ジェインは今月21日と22日、自身のインスタグラムを通じて長文のコメントを掲載し、つらい時期を過ごした経験を打ち明けた。

まず彼女は「今日、本当に長かったアルバムのレコーディングを終わった記念、夜の眠りのように絶えず通った心理治療の好転記念!コメントを残します。この話を切り出すまで11年がかかりました」とし、「私の最初の発作は17歳の時で、18歳に口にしたくない事件をきっかけに深刻な不安症、発作、呼吸困難、不眠症、拒食暴食などがやってきました。(たぶんこれだけで同じことを経験している皆さんは、どういうことなのか分かるでしょう。大変でした本当に)」と明かし、ファンたちを驚かせた。

そして彼女は「治療をすると言いましたが、私に合うお医者さんを探すのも簡単なことではなかったし、その時当時には病院に行くことを大きな傷だと思っていた時なので、さらに治療ができなかったです。ここに私が住んでいた環境も症状に大きく一役買っていたでしょう」とし、「そうやって20代になった私は24歳から29歳までの願いが、“お願いだから本当に本当に少しだけ幸せになりたい”でしたが、それが心を決めたからといって行動したからといって、叶うことではなかったのです。いい考えだけをしたくても、懸命に生きたくても、心そのものが病気になればどんどん崩れていくのです」と吐露した。

チャン・ジェインは「そうやって長い時間私は病気とともに成長し、いまはそれが私に一部になってしまったこのごろ。まず幸せという言葉自体を手放し、私は低いプライドに縛られるしかない人生を過ごしてきたことを認め、何よりも1年間薬を地道に飲み続けたら多くの症状の数々が好転しました」と伝えた。

また彼女は「18歳にアルバムを計画し、私の話の数々を率直にすることを誓いましたが、その理由は私がそうやって成し遂げた人々を見て元気をもらったからです。幼い頃、私と同じことを経験したのでもなく、別のつらいことを経験して乗り越え、素敵に歌を歌う歌手たちをみながら耐えました。私がそうだったように、私がもらったその勇気を私が少しだけでも伝えることができれば、私が経験していた事件の数々も意味があるのではないだろうか?と。そんな考えが最悪の状況にも私を捕まえていたようで、今もそうすることができたら本当に気持ちがいいと思います」と、話を切り出すようになったきっかけを明かした。

(2ページに続く)

・ナム・テヒョン「別れてから付き合った」vsチャン・ジェイン「卑劣なウソ」…二股葛藤が再炎上

・歌手チャン・ジェイン、ナム・テヒョンの“二股騒動”釈明を狙撃? 「卑劣なウソ」

・歌手チャン・ジェイン、ペットの猫が行方不明に… 「胸が張り裂けそう」

・“ナム・テヒョンの二股暴露”チャン・ジェイン、なおも続く度を越した悪質コメントに「?」で対応

2020.09.22

blank