オ・インへ 治療の末、死亡の悲報「36歳で人生の幕を閉じる」…相次ぐ哀悼の声

女優オ・インへ(36)が自宅で意識を失ったまま発見され病院に搬送されたが、死亡が確認された。

14日、仁川ヨンス警察署などによると、この日午前4時49分に仁川ヨンス区ソンド洞にあるアパートでオ・インへが意識を失ったまま倒れていたところを友達が見つけ通報した。オ・インへは発見当時、呼吸と脈拍がない状態で消防隊によって搬送された。

病院で治療後、オ・インへは一時呼吸と脈拍の回復を見せた物の、その後心肺停止が起き、同日午後に死亡した。警察はオ・インへが自殺を図ったとして、正確な経緯を調査中だ。

特にオ・インへは最近、YouTubeチャンネルを開設し、ビューティーとファッション、料理等の日常をアップし、ファンたちとも活発に繋がっていたこともあり、死亡報道は衝撃であった。先駆けて彼女は13日にもビューティー関連の動画を掲載していた。また、映像を上げた日と同じ日に自身のインスタグラムにも「久しぶりに週末ソウルデート、出発。皆さん良い週末を。」という言葉と共に何枚もの自撮り写真をアップした。

(2ページに続く)

・女優オ・インヘさん死亡…自殺から一時意識回復したが享年37歳

・女優オ・インヘ、警察は「自殺未遂」と推定… 呼吸戻るも重篤状態

・心停止で発見された女優オ・インヘ、前日のSNS投稿では異常みられず

・女優オ・インヘ、自宅で心停止の状態で発見… 一命は取り留めるも「意識は戻っていない」

2020.09.15

blank