「Stray Kids」、「IN生」ショーケース成功…ミニコンサート級の構成で「舞台名店」証明

「Stray Kids」が派手なカムバックショーケースを開催し、新曲「Back Door」の舞台を世界初公開した。

「Stray Kids」は14日午後6時、1stアルバムリパッケージ「IN生」とタイトル曲「Back Door」を発売し、3か月ぶりに電撃カムバックした。同日午後9時には、ネイバーV LIVE、YouTube、Twitterを使って生中継されたカムバックショーケース「ONLINE UNVEIL:IN生」でミニコンサート級の公演を広げて、「舞台名店」らしい底力を誇示した。

麻辣味ジャンルの真髄を披露した1stアルバムタイトル曲「神メニュー」で砲門を開き、全世界のK-POPファンの心を揺るがした「MIROH」、「Double Knot」などで熱気を続けていった。昨年3月に発表したアルバム「Cle1:MIROH」の収録曲「Boxer」と新譜に収録された「Ex」、「Blueprint」、「Easy」など全8曲の舞台を広げた。

(2ページに続く)

・パク・ジニョン(J.Y. Park)、「Stray Kids」の新譜を積極PR「ひたすらスキズだけの音楽」…自身の日本初ベスト盤ビジュアルも公開

・「Stray Kids」、新曲「Back Door」でカムバック=“拒絶できない立ち入り禁止区域の味”

・「インタビュー」「Stray Kids」、カムバック記念一問一答…現代的な東洋美コンセプトに期待

・カムバック「Stray Kids」、新曲「Back Door」は期待の高い曲…「神メニュー」に続き“良い反響がありますように”

2020.09.15

blank