「インタビュー」「Stray Kids」、カムバック記念一問一答…現代的な東洋美コンセプトに期待

前作「GO生」とタイトル曲「神メニュー」で麻辣味音楽の真髄を披露した「Stray Kids」。今日(14日)、一段階濃い味のリパッケージアルバム「IN生」の発売を記念して8人のメンバーが直接アルバムの話を伝える。

以下は一問一答。

Q.初めての正規アルバム「GO生」の活動を無事に終え、リパッケージアルバムを発売することになった所感が気になる。

リノ:多くの愛を受けた「神メニュー」の後に初めて見せる曲なので、緊張しますが、それほど期待も大きい!

ヒョンジン:初めて発売するリパッケージアルバムだけに感慨深く、ファンの方々が待っててくれたコンサートユニット曲が収録されて公開後の反応が非常に気になります。

Felix:1stアルバム「GO生」は初めて挑戦するコンセプトで、「Stray Kids」だけの魅力をよく見せることができて本当に胸がいっぱいでした。多くの方々が僕達のチャレンジ精神を肯定的に見ていただき、リパッケージアルバムでも迷わず、メンバーたちのアイデアや意見を入れることができました。

Q.1stアルバム「GO生」とリパッケージアルバム「IN生」は、どのような違いがあるのか。また、それぞれどのようなものを込めたかったか。

バンチャン:タイトル曲「Back Door」を含め、初の単独コンサートで初めて披露した未公開曲など新曲8トラックを収録しており、1stアルバム収録曲まで加え、合計17曲を収めました。

チャンビン:前作で「Stray Kids」の独歩的な音楽色を見せていたとしたら、新譜は愛の歌など、「『Stray Kids』、このような姿もあったんだ」という意外な姿を込めようとしました。

ハン:「GO生」は、人生で飛び込んでいくために恐れずぶつかる覇気を描き、「IN生」は、人生に入った後に広がる「Stray Kids」の様々な感情や姿を表現しました。

(2ページに続く

カムバック「Stray Kids」、新曲「Back Door」は期待の高い曲…「神メニュー」に続き“良い反響がありますように”

・“再び自己最高記録”…「Stray Kids」、「IN生」先予約30万枚突破→人気上昇を再立証

・「Stray Kids」ヒョンジン、愛嬌いっぱいなコメントに胸キュン…“僕らカムバックするよ”

・「Stray Kids」、新曲「Back Door」MVティーザー公開…“関係者以外立ち入り禁止”

2020.09.14

blank