「ONEWE」、初のオンラインライブで新曲「Parting」初披露…「ONEUS」もサプライズ登場

「ONEWE」、初のオンラインライブで新曲「Parting」初披露…「ONEUS」もサプライズ登場

実力派ボーイズバンド「ONEWE」が初のオンラインライブ「O! NEW E!volution」を大盛況のうちに終えた。

「ONEWE」は12日、NAVER V LIVEを通じて、初のオンラインライブ「ONEWE 1st Ontact Live [O! NEW E!volution]」を開催。一段と進化したバンドパフォーマンスを届けた。

この日、1stアルバム「ONE」のタイトル曲「End of Spring」で幕を開けた「ONEWE」は「Q」、「Regulus」のステージを相次いで披露し、雰囲気を盛り上げた。

特に、オンラインで行われただけに、ファンとのリアルタイムコミュニケーションはもちろん、ヌッパン(横になってする放送)、料理、CMパロディーまでさまざまなコンテンツを通じて、これまで見られなかった姿を披露し、大反響を呼んだ。

「ヌッパン」ではメンバー全員、パジャマを着て登場。ファンのリクエスト曲をアコースティックバージョンで披露し、土曜の夜を感性で染めた。

さらに、メンバーごとの多彩なソロステージも展開された。キアは自作曲「shooting Star」のステージを初公開し、カンヒョンもギターソロ自作曲「Evolution」を披露し、優れた演奏の実力を証明。

ドンミョンのクリストファーの「Bad」ステージには、「ONEUS」のシオンがサプライズ登場し、デビュー以来初めてコラボステージを飾り、完璧なケミストリーを発揮した。

また、ヨンフンはLANYの「Malibu Nights」を通じて、切ないながらもパワフルなステージを完成させ、ハリンは「BTS(防弾少年団)」の「FAKE LOVE」を華やかなドラムソロで再構成し、一味違う魅力を誇った。

シオンに続き、「ONEUS」のメンバーたちも「ONEWE」の援護射撃に乗り出した。「ONEUS」はデビュー前、「ONEWE」と歌った「LAST SONG」に続き、最近発表した「TO BE OR NOT TO BE」のパワフルなパフォーマンスで、会場の熱気を一段と高めた。

さらにカンヒョンが作詞、作曲した「ONEWE」の新曲「Parting」のステージが初公開され、雰囲気は最高潮に。その後、「ヒョゴ」の「TOMBOY」、「N.Flying」の「Rooftop」、「DAY6」「You Were Beautiful」に続いて、「IF」、「Reminisce about All」、「Ring on my Ears」、「Crazy Good」をアンコールで披露し、華やかな公演を締めくくった。

しっかりとした歌唱力と豊かなバンドライブ、格別なチームワークとステージマナーで、200分にわたりファンを魅了した「ONEWE」は「皆さんと直接会えなくて残念だけれど、今回の公演を通じて、またたくさん学んだと思う。いつもありがとうと申し上げたい。これからより良い姿、より良い音楽を届けるので、たくさん期待してほしい」と伝えた。

 

WOW!korea提供

  • キム・ミョンス(エル)、ソ・ガンジュン、イ・ジュニョク、KEN(VIXX)、ONEWEの動画公開! 『韓流ぴあ』8月号本日発売
  • 圧倒的な存在感と虜になる音楽性を兼ね備えた実力派超大型新人バンド” ONEWE ”(ワンウィ)CALLWEVE オンラインサイン会開催!
  • 「ONEWE」、先輩「MAMAMOO」との姉弟エピソードを公開
  • <トレンドブログ>バンド「ONEWE」、新曲“僕の季節 春は終わった”のヨンフン・ハリン・ドンミョンのティーザー映像を公開!
  • 2020.09.13

    blank