「インタビュー」SHINeeテミン、今日カムバック…“新しい映画の中のキャラクターのような姿を見てほしい”

Q.テミンのシグネチャーであるパフォーマンスにも期待できます。「Criminal」のパフォーマンスについて紹介してください。
A.「Criminal」のパフォーマンスは起承転結を明確に表現したかったです。パフォーマンスの構成も曲の流れを考えながら作りましたが、最初に「ひも」を使用しました。個人的には、クライマックスのブリッジ部分から歌の最後まで続くダンスが印象深いと思います。

Q.音楽ごとに変身を繰り返してテミンのアイデンティティを構築してきました。先行公開曲「2 KIDS」で感性ボーカリストとしての姿を見せてくれましたが、「Criminal」ではどのような変身を見ることができますか?
A.曲の雰囲気と似合った私のコンセプチュアルな歌唱とパフォーマンスを通じて、新しい映画の中のキャラクターのような姿を見ることができると思います。(笑)

Q.「Criminal」のミュージックビデオの企画段階から積極的に参加したそうですが、特に気を遣った部分がありますか?
A.私とよく息が合った方々と一緒に仕事をしたし、事前に監督とのミーティングを通じてコンセプトやムード、流れなどを整理しながら気を遣いました。映画の予告編がミュージックビデオのような分量ですが、ストーリー面においては集中度がより高いと感じます。映画の予告編のように今回のミュージックビデオにストーリーテリングが確実に表示されるように作業しました。

Q.今回の「Act 1」に収録された9曲の中で最も好きな曲は何ですか?
A.タイトル曲「Criminal」と「Nemo」です。まず「Criminal」は、本当に仕事をしながら愛情を感じざるを得ない曲でした。「Nemo」は、思わず口ずさむほどに気楽に聴くことができる曲です。

Q.単独リアリティ「レアテム」を披露していますが、今回のリアリティではどのような姿を見せたいですか?
A.私が今まで見せなかった姿をお見せしたいです。スポイラーになるかもしれないと具体的に言うことはできませんが、普段あまりしなかったことに挑戦しながら、新しい経験をたくさんすることができて楽しかったです(笑)。

Q.今回のアルバム活動の計画は何ですか。最後に、ファンにひと言お願いします。
A.私の考えを多く盛り込んだアルバムなので、良い思い出も作り、元気に無事に仕上げたいです。待ってくださったファンの方々にとてもありがたく、待ってくださったぶん、より良い姿で報いたいと思います。

・「SHINee」テミン、「1泊2日」にダンスの先生で登場…DinDin“教えるのがうまい”

・“カムバックD-3”「SHINee」テミン、リード曲「Criminal」のMVティーザー映像今夜(4日夜)公開…圧倒的な映像美期待

・「SHINee」テミン、単独リアリティー「レアテム」今日(3日)初公開!!

・テミン(SHINee)、正規3集タイトル曲「Criminal」を含む9曲収録…「聞くスリラー」に期待UP

2020.09.07

blank