韓国のエリック・ロメール!? 監督ホン・サンス 「キム・ミニ以前/キム・ミニ以後」のホン・サンス8作品をエリック・ロメール9作品と見比べ!!

選択肢が少ないながらもエリック・ロメールやツァイ・ミンリャンなど、その独自のセレクトでジワジワと注目を集めつつある配信系ミニシアター、 「ザ・シネマメンバーズ」が、かねてよりユーザーから期待を寄せられていたホン・サンス監督作品を9月から順次配信開始いたします。

なお本作品群は洋画専門CS放送「ザ・シネマ」でも9、10月に放送予定です。

韓国のエリック・ロメール!? 監督ホン・サンス

男女の恋愛模様を、会話を中心とした演出で少人数のロケによって描く作風で、エリック・ロメールを引き合いに出して語られることの多いホン・サンス監督。しかし、ザ・シネマメンバーズでは、特集名にあえて、「韓国のエリック・ロメール!?」と、「!?」を付けて、本当にロメールのようなのかどうかを問いたい。観て、あなたなりに確かめてほしいという構えだ。

ザ・シネマメンバーズで今回配信するのは、「キム・ミニ以前/キム・ミニ以後」ともいうべき8作品。映画監督が主人公で、アウトサイダー的に訪れた場所での出会いや不和が、ときに映画への哲学を織り交ぜながら描かれる、「キム・ミニ以前」4作(「よく知りもしないくせに」「ハハハ」「教授とわたし、そして映画」「次の朝は他人」)そして、不倫が報じられ、公私にわたるパートナーとなっている女優キム・ミニとの関係自体を描いているかのような「キム・ミニ以後」4作(「正しい日 間違えた日」「夜の浜辺でひとり」「クレアのカメラ」「それから」)。

どの作品にも共通するのが、まるで私小説のような、ホン・サンス自身の人生の投影だ。
作風も、「キム・ミニ以前」4作では、主人公の男性によるナレーション、あくまでも男性中心に進んでいく会話や物語など、どこか女性が存在として軽んじられているようなところを感じるかもしれないが、「キム・ミニ以後」4作では、ホン・サンスとキム・ミニの二人が出会った最初の作品「正しい日 間違えた日」の後半を境に男性のナレーションはその後の作品から消え、ヒロイン:キム・ミニを描くようになっていく。

ゆるんだ構図、特徴的なズーム、ドキュメンタリービデオのような生っぽい撮り方などの手法が徐々に洗練され変わっていくところも8作品を通して観ていくことで、より鮮明に感じるだろう。例えば「キム・ミニ以前」を何本か観るだけでは、その”クセの強さ”に違和感を感じる人もいるかもしれないのだ。
「キム・ミニ以前/キム・ミニ以後」のホン・サンス8作品をエリック・ロメール9作品と見比べるように鑑賞する贅沢。それができるのがザ・シネマメンバーズ。
「なるほど、ある意味ロメールだ」と思うかもしれないし、もちろん気に入らなかったり、「全く良さがわからない」ということもあるかもしれない。そういう時には遠慮なく感想を声に出そう。

間違いなどないのだから。「韓国のエリック・ロメール!?」と、「!?」を感じていただける特集は、9月-10月と、2カ月かけて8作品を順次配信開始。

「ザ・シネマメンバーズ」サイト https://members.thecinema.jp/video_list/line-1597969907121

《配信作品情報》

●『よく知りもしないくせに』 9月1日~配信

©2009 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

突然燃え上がる過去の恋…優柔不断な男の悲喜劇を軽妙に綴るホン・サンス監督のラブストーリー
真夏に開催される映画祭の審査員として招かれた映画監督ギョンナムは、コーディネーターのヒョニたちと酒の席を重ね、作品の審査は二の次。そんな中、旧友サンヨンと偶然出会って酒
を交わすが、翌朝「二度と自分の前に現れないでくれ」というメッセージを届けられる。その後、逃げるように向かった済州島で先輩の画家チョンスと再会。チョンスの妻がかつての恋人スン
だと知ったギョンナムは、先輩に内緒でスンと逢瀬を重ねる。

●『ハハハ』 9月8日~配信

© 2010 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

2人の男の“ひと夏の想い出”が思いがけず交わる…ホン・サンス監督が一目惚れをテーマに描く恋物語
カナダへ移ることになった映画監督ムンギョンは、先輩の映画評論家チュンシクと会って酒を交わす。やがて2人とも港町トンヨンに行ってきたばかりと分かり、お互いに旅の想い出を語り合う。トンヨンでフグ料理店を営む母親に会いに行ったムンギョンは、観光ガイドのソンオクに一目惚れし、海兵隊出身の彼氏がいてもお構いなく追いかける。一方チュンシクは、大学の後輩チョンホとの再会を兼ねて愛人ヨンジュとトンヨンを訪れる。

(2ページに続く)

  • ホン・サンス監督とキム・ミニ、番組で映画祭での抱擁がキャッチされるもファンの視線は「冷ややか」
  • ホン・サンス監督新作、ベルリン国際映画祭から招待、“恋人”で主演のキム・ミニも同伴か
  • “恋人関係”ホン・サンス&キム・ミニ、釜山国際映画祭「川沿いのホテル」の公式イベントすべて不参加
  • 映画監督ホン・サンス、離婚訴訟が2年7か月でついに結論へ…14日宣告
  • 2020.09.01

    blank