【時代劇が面白い】『七日の王妃』の端敬王后!王妃に戻れなかったのはなぜ?(歴史編)

 

惜しまれる事態
端敬王后の復位を望む声は日増しに強くなった。
中宗も大いに気を良くした。
「ぜひとも彼女と再び」
しかし、最終的にはやはり、クーデターを成功させた高官の一部が強硬に大反対を主張した。

それによって、せっかく期待された端敬王后の復位は、結局は実現が不可能になってしまった。
やむなく中宗は3人目の正室として文定(ムンジョン)王后をめとったのだが、この女性がまれにみる悪女だった。
そのせいで、朝鮮王朝の政治は大きく混乱した。

それだけに、文定王后でなく端敬王后を復位させていれば、朝鮮王朝の歴史はいい方向に行っていたはずなのに……。
そのことが惜しまれる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

端敬王后(タンギョンワンフ)/朝鮮王朝人物紀行4

挫折の多かった中宗(チュンジョン)の国王人生!

燕山君と中宗と端敬王后!『七日の王妃』の3人の関係は?

中宗と端敬王后を象徴する伝説とは?

中宗(チュンジョン)は時代劇で立派に描かれるが実際はダメな国王だった!

 

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2020.08.26

blank