【時代劇が面白い】仁祖と貴人・趙氏が捏造した毒アワビ事件!(歴史編)

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

 

朝鮮王朝の16代王・仁祖(インジョ)が食べるアワビの焼き物に毒が盛られていることが発覚したのは1646年1月3日のことだった。宮中は大騒ぎになった。それはそうだろう。王の食卓にのぼる料理に毒を盛るというのは、あまりに大胆な手口だった。

 

昭顕世子に続いて妻までもが……
すぐに犯人さがしが始まった。
「徹底的に調べろ」
仁祖の側近が厳命した。
多くの人が取り調べを受けたが、疑いが非常に濃いと目されたのは意外な女性だった。それは、昭顕(ソヒョン)世子の妻の姜氏(カンシ)だったのである。

すでに昭顕世子は前年の4月に世を去っていた。
その死は不可解だった。彼は清の人質から解放されて帰国した2カ月後に急死したのである。当時も、仁祖と側室の趙氏(チョシ)に毒殺されたという疑いがあった。昭顕世子が人質時代に清にかぶれてしまい、清を憎んでいた仁祖が激怒して息子を殺したという噂が立っていたのである。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

仁祖(インジョ)は復讐の鬼となって光海君(クァンヘグン)を狙った!

『華政』は光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)を好対照に描いた!

昭顕世子(ソヒョンセジャ)の一家は仁祖(インジョ)につぶされた!

2020.08.26

blank