【時代劇が面白い】仁祖と貴人・趙氏が捏造した毒アワビ事件!(歴史編)

 

悲劇に見舞われた夫婦
高官たちの多くが姜氏の死罪に猛反対した。しかし、仁祖の意を受けた高官の金自点(キム・ジャジョム)が、姜氏の死罪を強く主張して形勢を引っ繰り返した。この金自点は趙氏と利害を一致させる相棒であった。
すべては、仁祖と趙氏と金自点の3人によって仕組まれていた。
罪に陥れられた哀れな姜氏は3月13日に実家に帰されてしまい、その後に自決を強要された。

それだけではなかった。
姜氏の母や兄弟たちは何の罪もないのに処刑され、彼女の息子3人は済州島(チェジュド)に流された。
さらに、そのうちの2人は不審な死を遂げている。趙氏と金自点の差し金によって殺された疑いが濃い。

悲劇に見舞われた昭顕世子と妻の姜氏。この夫婦の死に関わったとされる趙氏は、歴史的には貴人(キイン)・趙氏(チョシ)として知られる。または、昭容(ソヨン)・趙氏と呼ばれることもある。彼女は、朝鮮王朝の暗い歴史に残る悪女であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

仁祖(インジョ)は復讐の鬼となって光海君(クァンヘグン)を狙った!

『華政』は光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)を好対照に描いた!

昭顕世子(ソヒョンセジャ)の一家は仁祖(インジョ)につぶされた!

 

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2020.08.26

blank