【時代劇が面白い】『七日の王妃』の端敬王后!王妃に戻れなかったのはなぜ?(歴史編)

 

中宗の再婚
中宗は高官たちに頭が上がらない王であった。
結局、高官たちの主張を拒絶することができず、涙ながらに端敬王后を離縁した。
こうして端敬王后は廃妃となり、王宮から出されてしまった。
それが1506年の話だ。

中宗は次に章敬(チャンギョン)王后を正室にした。この章敬王后は、1515年に中宗の長男(のちの12代王・仁宗〔インジョン〕)を産んだのだが、産後の肥立ちが悪くてすぐに亡くなってしまった。
中宗はせっかく長男が生まれたのに、再び独身になってしまった。

朝鮮王朝の国王は、すぐに再婚しなければならない宿命を負っていた。このとき、「一度は離縁した端敬王后を王妃に復位させたらどうか」という意見が出た。
(ページ3に続く)

端敬王后(タンギョンワンフ)/朝鮮王朝人物紀行4

挫折の多かった中宗(チュンジョン)の国王人生!

燕山君と中宗と端敬王后!『七日の王妃』の3人の関係は?

中宗と端敬王后を象徴する伝説とは?

中宗(チュンジョン)は時代劇で立派に描かれるが実際はダメな国王だった!

2020.08.26

blank