【公式】BTS(防弾少年団)ジミン、全羅南道の学生たちに奨学基金1億ウォン寄付

グローバルグループBTS(防弾少年団)のジミンが、チョンラナムド(全羅南道)の学生のために1億ウォン(約890万円)を寄付した事実が知らされた。

24日、全羅南道教育庁によると、「BTS(防弾少年団)のメンバーであるジミンさんが7月29日、全羅南道の未来教育財団に奨学基金1億ウォンを寄付した」と伝えた。

去る7月29日、ジミンの父親であるパク・ヒョンス氏は息子に代わって全羅南道教育庁を訪問し、全羅南道の未来教育財団理事長に「学生のために使ってもらえたら」と奨学基金を寄付したことが分かった。

ジミンはプサン(釜山)出身で、これまでも母校や釜山広域市教育庁への寄付を度々行ってきたが、今回の寄付は故郷ではなく全羅南道の地域に住む学生への寄付ということでさらに注目を集めた。


全羅南道教育庁は、ジミンを全羅南道教育の発展功労者として"全羅南道教育名誉の殿堂"に名前を挙げる予定だ。

全羅南道の未来教育財団のチャン・ソクウン理事長は「BTS(防弾少年団)のジミンさんの善なる影響が地域の学生たちに伝達できるよう寄付金を大切に使いたい」と述べた。

BTS(防弾少年団)は、今月21日、デジタルシングル「Dynamite」を全世界同時発売し人気を集めている。

 

BTS(防弾少年団)ジミン 、“コロナウイルスで虚脱感と無力感を感じた…「Dynamite」で大きな力を得てほしい”

・BTS(防弾少年団)ジミン…インドで一番人気の高い歌手に…シンドローム巻き起こす

・BTS(防弾少年団)ジミン、清純な魅力あふれるビジュアルでファンにあいさつ…グローバルな関心

・BTS(防弾少年団)ジミン、向かう所敵なし 8月アイドル個人ブランド評価1位!2位BTS ジョングク、3位Highlight ユン・ドゥジュン

2020.08.24

blank