BTS(防弾少年団)ジミン、向かう所敵なし 8月アイドル個人ブランド評価1位!2位BTS ジョングク、3位Highlight ユン・ドゥジュン

2020年8月のボーイズグループ個人ブランド評判は、ビッグデータ分析の結果、1位BTS(防弾少年団)ジミン、2位BTSジョングク、3位Highlightユン・ドゥジュンの順で分析された。

韓国企業の評判研究所は、ボーイズグループ個人ブランド評判のビッグデータ分析のため2020年7月14日から2020年8月14日までボーイズグループの個人645人のブランドビッグデータ75,815,596個を抽出し、ボーイズグループ個人ブランドの消費者行動分析をもとに作成された参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数で、ブランドの評判指数を分析した。過去2020年7月のボーイズグループの個人ブランドの評判ビッグデータ92,870,264個と比較すると18.36%減少した。

2020年8月のボーイズグループ個人ブランド評判30位までの順位は、BTS ジミン、BTS ジョングク、ユン・ドゥジュン、BTS V、EXO チャンヨル、BTS SUGA、BTS ジン、東方神起 ユンホ、ASTRO チャ・ウヌ、BTS J-HOPE、EXO ベクヒョン、BTS RM、SUPER JUNIOR キュヒョン、VICTON ハン・スンウ、EXO セフン、SHINee テミン、BIGBANG G-DRAGON、SF9チャニ、NCTジェヒョン、神話 キム・ドンワン、SEVENTEEN ジュン、TOMORROW X TOGETHERスビン、THE BOYZ ジュヨン、NU’EST JR、THE BOYZ ヒョンジェ、東方神起 チャンミン、SEVENTEENスングァン、ONF WYAT、ONF U、EXO カイの順に分析された。

1位のBTSジミンのブランドは、参加指数857,786、メディア指数1,351,892、コミュニケーション指数1,931,296、コミュニティ指数2,335,337を合計しブランドの評判指数6,476,311に分析された。 7月のブランド評判指数6,104,773と比較すると6.09%上昇した。

2位のBTSジョングクのブランドは、参加指数429,245、メディア指数1,159,59、コミュニケーション指数1,311,75、コミュニティ指数1,156,317を合計しブランドの評判指数4,056,917分析された。7月のブランド評判指数4,121,974と比較すると1.58%下落した。

3位のHighlightユン・ドゥジュンのブランドは、参加指数1,282,574、メディア指数707,898、コミュニケーション指数655,553、コミュニティ指数775,245を合計しブランドの評判指数3,421,270と分析された。7月のブランドの評判指数2,425,176と比較すると41.07%上昇した。

韓国企業の評判研究所ク・チャンファン所長は「ボーイズグループ、個人のブランドの評判分析結果、1位を記録したBTSジミンのブランドはリンク解析で「怪しい、寄付する、公開である」が高く出て、キーワードの分析では、「Filter、約束、走れ防弾」が高く分析された。肯否定比率分析では、「肯定的割合80.13%で分析された」と、ブランドを分析した。

一方、韓国企業の評判研究所は、国内ブランドのビッグデータ評判分析によりブランドの評判指数を測定して発表している。ボーイズグループ、個人のブランドの評判、8月の分析は、2020年7月14日から2020年8月14日までのブランドビッグデータ分析を通し行われた。

 

  • 「I-LAND」パート2、BTS(防弾少年団)が開いた!!
  • BTS(防弾少年団)、ファンの心を虜にするビジュアル…“Go beyond and over”
  • BTS(防弾少年団)、本日(14日)「I-LAND」に登場…緊張感さらに高まるデビュー競争Part2がスタート
  • BTS(防弾少年団)×チルソンサイダー、広告コピー公募の当選作を選定…74作品をバス停に提示
  • 2020.08.15

    blank