「公式」BTS(防弾少年団)、3つのアルバムが米ビルボードメインアルバムチャートにランクイン

ボーイズグループBTS(防弾少年団)が、ビルボードのメインアルバムチャートに3つのアルバムをランクインさせて強固なパワーを示した。
18日(現地時間)、アメリカの音楽専門メディアビルボードが発表した最新チャート(8月22日付)によると、先月15日に発売された日本4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」は、「ビルボード200」チャートで14位を占めた。これは、2018年に日本3rdフルアルバム「FACE YOURSELF」が記録した43位を大きく上回る順位で、BTSの歴代日本アルバム中最高記録だ。7月25日付のチャートで115位を記録した「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」は、4週間ぶりに「ビルボード200」チャートに再ランクインした。

7日にアメリカでアルバム発売が開始されたこのアルバムは、「ビルボード200」以外にも多数のチャートで逆走に成功した。このアルバムは、「ワールドアルバム」チャートではトップに上がり、「トップアルバムセールス」チャート4位、「トップカレントアルバムセールス」チャート4位、「テイストメイカーアルバム」チャート9位、「ジャーマンアルバムズ」チャート6位などにランクした。

(2ページに続く)

・「BTS(防弾少年団)」、「CONNECT,BTS」に続き世界的な芸術プロジェクト「do it」に参加

BTSが『GQ JAPAN』10月号に登場!表紙ヴィジュアルがついに解禁!

・「BTS(防弾少年団)」、新シングル「Dynamite」MVティーザー公開…強力なエナジー+レトロ

・「バラコラ」「BTS(防弾少年団)」、「I-LAND」テスト課題曲のワンポイントレッスンに本気のお悩み相談まで! VとJIMINの“イケメン論争”も

2020.08.19

blank