「死んでしまおうと…」自殺未遂といじめ被害明かしたヘナ(ANS)にネット上では反論も…現時点で事務所はノーコメント

韓国ガールズグループ「ANS」のメンバー ヘナがいじめに遭っていたとし、数回にわたり自殺を試みていたと明かして物議を醸している中、事務所側は現時点でノーコメントを貫いている。

先ごろ、ヘナはSNSに「私もこれ以上は我慢できない」と記載し、長文の告白文を投稿。この日、ヘナは「私の人生がストップして死にたいくらい苦しんでも、最後まで被害は与えたくなくて、良いところなんてない私を応援して好きでいてくれたファンの皆さんにとても申し訳なく、私は一人で苦しんでいても配慮したかった」とし、「謝罪の一言が、そんなにも難しいのですか?これまで私は、謝罪さえも望んではいなかった。でも、これは本当にひどいことだと思わないのですか?」と”誰か”に向けて怒りをぶつけた。

また「私が静かに死んでしまえば、誰もその理由はわからないだろうけど、少なくても本人たちは人間ならば、申し訳ないという気持ちくらいは抱くだろうと思って…。でも、本当に目覚めたいという気持ちもなかったが、こうして目覚めてみたら、とても怖い」と綴り、自殺を試みたことを示唆し、いじめの加害者に謝罪を要求した。

(2ページに続く)

2020.08.17

blank