【時代劇が面白い】朝鮮王朝で怪物のようにふるまった5人の王族女性とは?(歴史編)

 

次の3人
◆文定王后(ムンジョンワンフ)
[1501~1565年]
11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正妻。我が子を王位に就かせるため、中宗の先妻の息子だった12代王・仁宗(インジョン)の暗殺を何度も狙ったと言われている。実際、仁宗が亡くなったときも、文定王后による毒殺という噂が流れた。我が子が13代王・明宗(ミョンジョン)として即位すると代理で政治を仕切り、権力を独占して悪政を行なった。

◆明聖(ミョンソン)王后
〔1642~1683年〕
18代王・顕宗(ヒョンジョン)の正妻で、19代王・粛宗(スクチョン)の母であった。張禧嬪(チャン・ヒビン)の欲望に気づいて、彼女を王宮から追放したこともある。また、性格が勝ち気で、王朝の最高会議に出て自ら政治を仕切ろうと試みた。1683年、粛宗が原因不明の病にかかったとき、助けたい一心で、真冬にもかかわらず水浴びの苦行を続け、それが元で亡くなった。

◆貞純王后(チョンスンワンフ)
[1745~1805年]
英祖の二番目の正妻。英祖より年齢が51歳下だった。英祖の息子であった思悼世子は10歳上で、相性が悪かったこともあり、思悼世子を失脚させるために陰で動いた。22代王・正祖(チョンジョ)の時代になってかろうじて罪を免れたが、1800年に正祖が亡くなったときは毒殺説の首謀者と見なされた。23代王・純祖(スンジョ)の後見人となり、キリスト教徒の虐殺事件を引き起こしている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

国王や世子を毒殺した疑いをかけられた五大王族/朝鮮王朝の五大シリーズ17

兄弟に殺された悲劇の五大王子/朝鮮王朝の五大シリーズ15

恐るべき五大鬼嫁/朝鮮王朝の五大シリーズ9

悲惨な五大王妃/朝鮮王朝の五大シリーズ4

悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1

 

コラム提供:ヨブル

http://yoble.jp/

2020.08.17

blank