「CNBLUE ヨンファはジャンルを超越したミュージシャン」Yoon Do Hyun、ヤン・ドングン、Verbal Jintが大絶賛!

201501121442772854_54b35ee3926ec

CNBLUEのヨンファが、ソロアルバムコラボレーションで出会ったアーティストたちから絶賛を受けた。

7日と11日、12日にヨンファのソロアルバムコラボレーション歌手として公開されたヤン・ドングンとVerbal Jint、Yoon Do Hyunは、最近FNCエンターテイメントを通してヨンファとの作業感想を明らかにした。

先行公開曲「Mileage」を共同リリースしたヤン・ドングンは「ヨンファが作ったMRを聞くやいなや何か連帯感みたいなものが感じられた」と言いながら作業初盤から形成された特別な『相性』を誇った。また「ヨンファは平凡な人間じゃない。世界的に多くのファンを確保している人と一緒にできてとても感謝で楽しかった。ヨンファがジャンルを超越したミュージシャンだと感じた」と言った。

Verbal Jintは「ヒップホップ以外の領域の作曲をしたのは初めてではないのに胸がわくわくするチャレンジだった。力を失った人々に当てはまるテーマがいいと思って『元気玉』というタイトルを提案したらヨンファがおもしろがってその場ですぐ受け入れた点がとっても愉快だった」とタイトルにまつわるビハインドストーリーを明かした。

そして、「ビートを受けて1節とリフレーンを作って、またヨンファが引き継いで2節を滑らかに完成してくれた時、共同作業の真価を感じた。録音日に、スタジオで僕が作ったメロディーに追加されて思ってもいなかったコーラスラインまで精巧に作り上げたことで、ヨンファは音楽が上手な未青年だという気がした」とコラボレーション作業の所感を伝えた。

Yoon Do Hyunは、「普段CNBLUEが真のバンドとして成長してほしいと思っていた先輩として役に立つことがあれば良いだろうという心で喜んで参加するようになった」と作業のきっかけを明らかにした。彼は「常に思っていたとおりヨンファは音楽が本当に好きで情熱がある人間だった。自分の夢と音楽的目標のために絶えず努力する姿勢がとても格好よかった」と賛美を惜しまなかった。

また、「思い出は残酷に」を一緒にリリースしながら、大韓民国の男達がカラオケに行けば顔を突き合わせてこの曲を声の限りデュエットするブームを巻き起こそうとヨンファと二人で約束したた」と特別な目標を明らかにした。

アルバムは20日発売。

2015.01.12

blank