歌手ソン・スンヨン、ビヨンセら所属する米国エージェンシーと契約…米国進出本格化

歌手ソン・スンヨンが米国進出を控えてインターナショナル正規アルバムを発売する。

11日午前、ソン・スンヨンの所属事務所は、「昨年、米国の3大エージェンシーの一つである『ICM Partners』と国内初めてエージェント契約を締結した歌手ソン・スンヨンがインターナショナル正規アルバムを準備中だ」と述べた。

ソン・スンヨンは昨年ホイットニー・ヒューストン、セリーヌ・ディオンなどの有名ポップアーティストと作業してきた作曲家Walter Afanasiefと一緒に作業したシングル「I’m Not A Warrior」で米国進出の第一歩を踏み出した。発売直後、ビルボードPOPコラムにアーティスト名やアルバム紹介が掲載されて熱い注目を受けたソン・スンヨンはグローバル公演「KAMP Singapore 2019」を通じて、シンガポールの現地の熱い反応を得て、女性ソロアーティストとして世界的な成功の可能性を立証した。

これは、昨年9月に「I’m Not A Warrior」シングル発売直後、米国の主要な3大エージェンシーの一つである「ICM Partners」のJon Pleeter副社長、映画、TV、OST部門総括担当者Joel Roman、KAMP GlobalチームTim Kim代表との会議を進行し、彼らはソン・スンヨンが持っている爆発的なエネルギーと歌唱力、特色あるボーカルを絶賛し、彼女の可能性を高く評価して最終的なエージェント契約を締結した。

(2ページに続く)

・歌手ソン・スンヨン、「ラジオスター」でV(防弾少年団)との親交について語る

・【公式】ソン・スンヨン、ディズニー「美女と野獣」OST作曲家とタッグ組み海外進出

・「取材レポ」MOMOLAND、CROSS GENE、ソン・スンヨン、ソル・ハユン“K-POP シークレットコンサートに登場!”「日韓交流おまつり 2018 in Tokyo」 開催!(MOMOLAND編)

・「取材レポ」MOMOLAND、CROSS GENE、ソン・スンヨン、ソル・ハユン“K-POP シークレットコンサートに登場!”「日韓交流おまつり 2018 in Tokyo」 開催!(ソル・ハユン、ソン・スンヨン編)

2020.08.12

blank