チ・チャンウク、“「コンビニのセッピョル」、たくさん笑って一生懸命撮影した作品。見守ってくれて感謝”

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

コミックロマンスの真髄を見せた「コンビニのセッピョル」の俳優チ・チャンウクが、放送終了の心境を伝えた。
8日の放送終了したSBS金土ドラマ「コンビニのセッピョル」でチ・チャンウクは、コンビニの店長チェ・デヒョン役で好演し、週末の夏に視聴者に笑いと感動をプレゼントした。

最終回でテヒョン(チ・チャンウク)は、本社の諮問委員を辞めてチョンロ(鍾路)シンソン店の店長に戻ってセッピョル(キム・ユジョン)を待っていた。家族にも「私はお母さんお父さんのようになんだかんだと言いながらも、互いになくてはならない仲、それが幸せだし、もっと大きな価値があると信じている」と本人の思いを伝えた。その後テヒョンとセッピョルは再会してハッピーエンドとなった。

(2ページに続く)

・チ・チャンウク、ドラマ「コンビニのセッピョル」最後のビハインド公開…”応援してくれて感謝”(動画あり)

・俳優チ・チャンウク、愉快さ爆発する歴代級のテンション…“よぉ~く遊んだ!!!”

・≪韓国ドラマNOW≫「コンビニのセッピョル」最終話、チ・チャンウクとキム・ユジョンが再開後、恋人へと発展

・ハン・ソナ&チ・チャンウク、自己発光度、2倍の美男美女ショット公開!

2020.08.10

blank