キム・ジュンス、“ソロ歌手として、ただの一度も放送のステージに立つことができなかった”

東方神起からJYJを経てミュージカル俳優として生まれ変わったキム・ジュンスは、2010年に「モーツァルト!」でミュージカルデビューに成功し、10年後に同じ作品で観客に会った。さらに深く鮮明になった歌唱力と一瞬も目を離すことができない熱演で、毎回観客の拍手喝采を導いている。
最近、ソウルのある場所で会ったジュンスは、「10年前の今、この作品でミュージカルの第一歩を踏み出したが、10周年でまたこの舞台に立つことになりとても光栄で感無量だ。10年ぶりにまたしながら10年間してきたことが走馬灯のように頭をかすめた。「モーツァルト!」で慰労を受け、幸せに過ごしている」と感想を述べた。

続いて彼は「10年前にモーツァルトの状況が僕ととても似ていて深く共感した。のめり込んで演技した。歌の力に感銘を受けて歌詞に慰労されたが、その歌をもう一度歌って演技するので、当時の感情が次々と思い出された。『黄金の星』を聞くと満たされて楽しくなければならないが、まだ感情のコントロールができない。涙が浮かんでくる」と内心を表わした。
ジュンスは、10年前に主人公モーツァルト役を演じて、俳優として初めて3000席のセジョン(世宗)文化会館の15回の公演を完売させるという大記録を立て、合計4万5000人の観客を魅了した。今、彼は10年前の姿をそのまま呼び起こし、より大きな感動を与えている。10年という期間、ジュンスはミュージカル界最高の人気と信じて見るというタイトルを得た。

彼は「人気というのは、当然減ったり落ちたりするはずだ。10年前からこんな気持ちで生きてきた。だから、今まできたのが奇跡だと思う。僕はPRのために放送に出たこともない。決して僕が出なかったのではない。僕だけ呼ばれなかったときは不安で心配だったが、その不安が現実となることを5〜6年前から心配した」と打ち明けた。
続いて彼は「メディアを通じてファンになって劇場に来る方が多いはずだが、僕はただ会場だけで会うので簡単ではない一歩を向けてくださるファンが本当にありがたい。本当に毎回、毎日の生活自体に感謝している。徐々に完売できなくなり、チケットが売れなくても僕は大丈夫だ。受けることができなかった有り余る愛を今受けていると考えている。この奇跡がいつまで続くかわからないが、1日1日が感謝の気持ちだ。かっこよくて惜しみない姿をお見せしたい」と微笑んだ。

ジュンスは、今もある程度の放送出演に制約を受けている。昨年MBCパイロットバラエティ番組「共有の家」と今年初めのテレビ朝鮮「ミスタートロット」に出演することになり、大きな話題を集めたほどだ。そのためジュンスは、ミュージカルの舞台でより爆発するほどに自身の能力を発揮している。もちろん、まだまだ物足りないのが事実だ。

(2ページに続く)

・キム・ジュンス、何気ない表情も魅力的

・「インタビュー③」キム・ジュンス、ミュージカルデビュー10周年までの歩み…“ミュージカルは第2の人生を生きさせてくれた一筋の光”

・「インタビュー②」キム・ジュンス、ミュージカルデビュー10周年までの歩み…“一歩踏み出せるように勇気を持たせてくれた”

・「インタビュー①」キム・ジュンス、ミュージカルデビュー10周年までの歩み…“奇跡のようなこと、自分と同じ状況に置かれたモーツアルトに共感”

2020.08.01

blank