【公式】キム・スヒョンxソ・イェジ「サイコだけど大丈夫」、2週連続でドラマ話題性1位に

tvNドラマ「サイコだけど大丈夫」は、前週に比べ話題性が36.18%上昇し、2週連続でドラマ1位のランキング維持に成功した。キム・スヒョンとソ・イェジのビジュアルと演技力に肯定的な反応であり、演出も感覚的と多くの好評を得た。特別出演したクァク・ドンヨンの熱演も注目を集め演技力は絶賛を受けた。キム・スヒョンとソ・イェジはドラマ出演者の話題性でそれぞれ1位と2位を記録した。

KBS2「一度行ってきました」は、前週に比話べ題性が11.38%減少したが、4週連続でドラマ2位を記録した。イ・ミンジョンに対する気持ちに気づき混乱するイ・サンヨプの姿にネットユーザーたちの注目が集中しており、イ・サンヨプとイ・ミンジョンの出演分量の増加を望むコメントが続いている。イ・サンイの元ガールフレンドとしてイ・ソンギョンが特別出演し話題を集め、イ・サンイとはイ・チョヒはドラマ出演者の話題性でそれぞれ4位と5位を記録した。

ドラマ3位はSBS「コンビニのセッピョル」で前週に比べ話題性が29.06%減少したが、順位の維持に成功した。初話の放送に続き扇情的だという指摘が続き、地上波ドラマでは不適切だという評価を受けた。一方、放送最初の週と比較すると扇情的な部分が減少したという意見もあり、楽しく視聴したというコメントも増加した。キム・ユジョンはドラマ出演者の話題性で3位を占めた。

MBC「コンデインターン」は前週に比べ話題性が16.38%増加し、2週連続でドラマ4位を記録した。特有のシチュエーションコメディのような雰囲気が好評で、キム・ウンスとハン・ジウンのどんでん返しのストーリーも加わりネットユーザーの関心を集めている。その他チョン・ドンウォンのOST(挿入歌)参加が大きく話題となりファンの応援が溢れた。ドラマ出演者の話題性部門でパク・ヘジンが9位を記録した。(2ページに続く)

 

俳優キム・スヒョン、デニムジャケットを着てユーモラスなポーズ“いらっしゃいましたか兄貴”

・キム・スヒョン vs チ・チャンウク、ドラマ初期の問題を克服してヒットドラマとして残るか!

・キム・スヒョン、抜群のスタイルに視線集中…さりげない姿もグラビアのよう

・ドラマ「サイコだけど大丈夫」、キム・スヒョンとソ・イェジのビハインド公開

2020.07.02

blank