「SEVENTEEN」、米ビルボードでの存在感を証明…フォーブス”夏の大ヒット曲”

「SEVENTEEN」、米ビルボードでの存在感を証明…フォーブス”夏の大ヒット曲”

ミリオンセラーグループ「SEVENTEEN」のグローバルな勢いが尋常でない。

「SEVENTEEN」は6月22日、ミニ7集「Heng:garae」で派手にカムバックして、国内外をタイトル曲「Left&Right」で染め、グローバルな話題性を実証している中で、米国の音楽専門メディアビルボードの多数のチャートに名前を上げたのはもちろん、米国の経済専門誌フォーブスが「SEVENTEEN」に焦点を当てて話題だ。

先月30日(現地時間)、ビルボードによると、「SEVENTEEN」は「ホット100」、「ビルボード200」、「ソーシャル50」などいくつかのビルボードチャートを総合的に分析した、週の最も人気のあるアーティストランク付「エマージングアーティスト」チャートで6位に初進入して目を引き、ミニ7集「Heng:garae」は「ワールドアルバム」14位を記録し確かな存在感を表わした。

特にタイトル曲「Left&Right」は「ワールドデジタルソングセールス」チャート8位にランクイン、これは18回目のトップ10に名前を上げた「ソーシャル50」チャートでも「BTS(防弾少年団)」に続いて2位を占めて「SEVENTEEN」の世界中の爆発的な関心を立証した。

それだけでなく、フォーブスは重要な指標の一つであるアルバム販売量に焦点を合わせ「SEVENTEEN」のミニ7集「Heng:garae」の最初の週の販売量に注意を払い、5日間ですでに100万枚を突破し、ミリオンセラーを達成したことに言及して多くの人々の耳と目を集中させた。(2ページに続く)

 

「SHOW CHAMPION」「SEVENTEEN」、1位認証ショット“CARAT(カラット)長く待ってくださって感謝します”

・<トレンドブログ>「SEVENTEEN」ミンギュ、夏の日差しより爽やかなビジュアル“男神ビジュアル”

・「SEVENTEEN」、オリコン週間アルバムチャート1位…K-POPの歴史塗り替える

・SEVENTEENを大特集! K-POP雑誌『billboard KOREA Magazine』のオフショット映像第1弾を公開!

2020.07.02

blank