ユ・アイン×パク・シネ主演「#生きている」、30万人動員でボックスオフィス1位

ユ・アイン×パク・シネ主演「#生きている」、30万人動員でボックスオフィス1位

映画「#生きている」が約30万人を動員し、ボックスオフィス1位をキープした。

映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークの集計によると、「#生きている」は27日、29万4263人を動員。ボックスオフィス1位を守った。現在、累計観客数は80万3892人だ。

24日に公開された同作は、原因不明の症状の人々が攻撃を始め、統制不能に陥る中、データ、Wi-Fi、メール、電話など全てが途絶えた状態で、一人マンションに孤立した人々の物語を描く生存スリラー。俳優ユ・アイン、パク・シネが出演。

新型コロナウイルスの影響により萎縮した劇場で、久しぶりに観客を集め、注目されている。

ボックスオフィス2位はシン・へソン、ペ・ジョンオク主演の「潔白」で3万7915人が観覧。累計観客数は67万6135人。3位は「2分の1の魔法」で3万5845人が観覧。累計観客数は24万1548人となった。

 

WOW!korea提供

  • ユ・アイン、主演映画「#生きている」が50万人観客突破し、「コロナ事態で低迷した映画界に大きな活力」
  • 「インタビュー」「#生きている」パク・シネ、“いつのまにか30代。演技の幅が広がると思う”
  • ソン・ヘギョやパク・ヘスも応援する映画「#生きている」、ウイズコロナの事態で公開初日に20万人を動員した意味とは
  • パク・シネ、映画「#生きている」でこれまでに見たことのない姿を披露
  • 2020.06.28

    blank