ユ・アイン、主演映画「#生きている」が50万人観客突破し、「コロナ事態で低迷した映画界に大きな活力」

俳優のユ・アインが映画「#生きている」の魅力を説明した。

27日にNAVERの動画サービスV LIVEを通じて映画「#生きている」(チョ・イルヒョン監督)の主演を務めるユ・アインとパク・シネによるオンラインGVが進行された。

今月24日に公開した映画「#生きている」は初日で20万人以上の観客を動員し、ボックスオフィスの1位に上った。公開3日で50万人の観客を突破する底力を見せている。

ユ・アインは「最近、観客の皆さんが劇場に来るのが難しい状況だった。劇場が活力をとても失い、韓国映画が低迷期だったが、期待以上にお越しいただき、一緒に楽しんでいただき、新しい気運を作ってくださるのを見て、僕も一緒に元気が出た。ありがとう」と述べた。

(2ページに続く)

・”固い義理”ソン・ヘギョ、親友ユ・アインの映画「#生きている」を応援

・【トピック】女優パク・シネ、心に染みた俳優ユ・アインの言葉とは

・「インタビュー②」パク・シネ、“ユ・アイン、10代から俳優として生きてきた仲間。苦労をわかってくれてありがたい”

・女優ソン・ヘギョ、”親友”ユ・アインを応援=映画「#生きている」試写会への出席を報告

2020.06.27

blank