俳優キム・スヒョンの復帰作として期待された「サイコだけど大丈夫」、ソ・イェジとオ・ジョンセの熱演も好評

そのためコ・ムニョンは、大人はもちろん子供たちにも「悪い魔女」の姿を見せている。彼女は善良できれいな人をお姫さまと呼ぶ子供に、自身の動画の中ではお姫さまではなく魔女がきれいだと幻想をぶち壊して子供を泣かせた。また、ナイフを常習して、娘を殺そうとする人にはためらわずにナイフで攻撃したいりする。
しかし、自身の出版サイン会でムン・サンテを侮辱する人には、ムン・ガンテに代わって仕返ししたり、生涯のトラウマとして残る事件を経験した子供に絵本をプレゼントして励ますという人物でもある。

これまでロマンチックコメディでは見ることができなかった新鮮なキャラクターで視聴者の視線をとらえたソ・イェジは、ビジュアルからコ・ムニョンそのものだった。ソ・イェジ特有の低音のボイスでコ・ムニョンの陰鬱な雰囲気を作り出し、血のしたたるステーキを切るという初登場や赤いハイヒールを履いてムン・ガンテの前に現れた2話のエンディングまで、独特な存在感で空前絶後の「ダークキャラクター」を完成した。

オ・ジョンセもドラマ「椿咲く頃」や「ストーブリーグ」とは全く異なる、かつてない演技の変身で一気に視線を奪った。彼は好き嫌いがはっきりしたムン・サンテの感情の変化を繊細に表現しながらキャラクターに説得力を与えて共感と感情移入をもたらした。一方で、自分だけの世界に閉じ込もっているようでありながらも、弟の気持ちを察する姿は感動をもたらした。サイン会で他人に髪の毛を引っ張られて驚いてパニックに陥る姿は、恐怖に陥った人物の感情をそのごとく感じさせた。

2話まで放送された「サイコだけど大丈夫」は、繊細な演出力と俳優たちの熱演で順調な出発を知らせた。視聴率は1話6.1%から2話4.7%に低下したものの、まだ即断するには早い。内容的な面で多少集中度が落ちるという意見があるだけに、今後どのような展開で視聴者の共感を引き出すかが注目されている。
「サイコだけど大丈夫」は、毎週土曜日と日曜日夜9時に韓国で放送される。

・俳優キム・スヒョン、月光の浜辺でスクワット中?…影までも人並外れる

・【公式】新人女優ジ・ヘウォン、ドラマ「サイコだけど大丈夫」キャスティング…キム・スヒョン&ソ・イェジと共演

・「サイコだけど大丈夫」ソ・イェジ、キム・スヒョンの日常に浸透…ロマンス本格的に稼動

・キム・スヒョンとソ・イェジが選んだ視聴ポイント公開「サイコでも大丈夫」

2020.06.27

blank