「サイコだけど大丈夫」ソ・イェジ、キム・スヒョンの日常に浸透…ロマンス本格的に稼動


※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。
ドラマ「サイコだけど大丈夫」でソ・イェジが、キム・スヒョンの日常に浸透してロマンスが本格化する。

27日放送されるtvNの土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」では、童話作家コ・ムニョン(ソ・イェジ)がムン・ガンテ(キム・スヒョン)がいるクェンチャヌン精神病院の集団治療文芸授業の先生として現れて、サプライズを繰り広げる。

前話で、クェンチャヌン精神病院で仕事をすることになった介護士ムン・ガンテの前に、コ・ムニョンが光る稲妻とともに現れて強烈なインパクトをプレゼントした。 特に直球告白を投げて彼を慌てさせたが、今度は“私的”でなく“公的”でも彼の日常に浸透して、大胆な直進を継続する。

これに対し本格始動がかかったロマンスを予告して視聴者たちをドキドキさせている中で、公開された写真の中のムン・ガンテとコ・ムニョンの尋常でない対立にも自ずから心臓が反応する。 興味深い表情で彼を挑発するコ・ムニョンとそんな彼女を見おろすムン・ガンテ、両者にひそやかなスパークが飛び散って、再び甘く殺伐なロマンスを期待させる。

もう一つ注目する点は、クェンチャヌン精神病院が位置した場所が2人の故郷であり各自の傷を抱いたところという点。 ムン・ガンテには過去母親が殺害された衝撃と、これを目撃した兄ムン・サンテ(オ・ジョンセ)が蝶のトラウマに苦しめられ始めたという記憶が、コ・ムニョンには現在この病院に入院している父コ・デファン(イ・オル)が、幼い頃自身の首をしめた悪夢のような記憶が存在する。

逃亡でなく正面突破を選択した2人が、再び戻った故郷ソンジン市で果たしてどんな新しい物語を綴っていくのか、より一層興味深い関心を抱かせる。

「サイコだけど大丈夫」のソ・ジェヒョンチーフプロデューサー(CP)も、「今日からドラマの背景になるソンジン市はすべての物語のスタート地点であり、ムン・ガンテ、コ・ムニョンの腐りきって収拾がつかない傷がある所」とし、「2人がどのように傷を直視してぶつかって成長することになるのか見守ってくださればいいなと思う。 少し変でもなかなか良い『サイコだけど大丈夫』だけのロマンスが、本格的に始まるので期待してほしい」と、伝えた。

一方、大変な人生の重さで愛を拒否する精神病棟の介護士ムン・ガンテと、生まれつきの欠陥で愛を分からない童話作家コ・ムニョンが、お互いの傷を抱いて治癒していくファンタジー童話のような愛に関する少しおかしなロマンチックコメディを見せている「サイコだけど大丈夫」は、韓国で毎週土、日曜日の夜9時に放送されている。

 

  • キム・スヒョン&ソ・イェジ、息が止まりそうな切ないバックハグ…「サイコだけど大丈夫」
  • ドラマ「サイコだけど大丈夫」のパク・チンジュ、イ・ヒョヌからの“おやつカー”の差し入れに感激ぶりも天真爛漫
  • キム・スヒョン主演「サイコだけど大丈夫」がドラマ話題性1位に…チ・チャンウク主演「コンビニのセッピョル」は3位
  • キム・スヒョン、甘いまなざしと深みのある声で存在感を証明「サイコだけど大丈夫」
  • 2020.06.27

    blank