女優パク・シネ“30代なるので気分の良い変化が多くなって”

映画「#生きている」で帰ってきた女優パク・シネが、30代になった所感を明らかにした。

パク・シネは、27日進行された映画「#生きている」のオンライン制作報告会で、自身が演じた役などに対して紹介して注目を集めた。

彼女は自身が演じたユビン役に対して「個人的で社会生活とは縁の遠い人だ。 防衛機制が激しい人なので孤立状況に適合する。 怖いことも多くてあきらめたいが、私自身のために努力する人」としながら「実際のパク・シネはジュヌ(ユ・アインが演じる劇中人物)側に近い」と、話した。

これに対し「初めはアクションがこれほど多いとは思わなかった。 現場で息を合わせてみてアクションの息が長いという感じがした」とし、「今までお見せしたこととは全く違った活発さ」と、付け加え期待感を刺激した。

また、この日パク・シネは「30代になると気分の良い変化が多くなった。 ユ・アインさんに会って一段階気分の良い変化を感じることができるようになった。 躍動感ある一日一日を過ごした」と、話した。 パク・シネは、1990年生まれで現在満30歳だ。

映画「#生きている」は、原因不明の症状の人々が攻撃を始めて統制不能に陥った中で、データ、Wi-Fi、メッセンジャー、電話まで全てが途切れたままひとりでアパートに孤立した人たちの話を描いた生存スリラー映画だ。

ユ・アインは原因も正体も分からない彼らの侵入を避けてドアを防いで家中に隠れて過ごすジュヌ役を、パク・シネが家の外に出て行くことができない状況の中で落ち着いて生存を継続するまた別の生存者ユビン役を演じた。 韓国で来月公開される。

 

パク・シネ、”ユ・アイン、期待以上に素敵な人”

・ユ・アイン、”パク・シネは、自分が引っ張っていく主導的な力を持つ俳優”

・ユ・アイン、”デビュー当時、パク・シネとラブコメで会いたかった”

・パク・シネ、”「#生きている」を選択した決定的な理由は、ユ・アイン”

2020.05.28

blank