ユ・アイン、"デビュー当時、パク・シネとラブコメで会いたかった"


俳優ユ・アインが、パク・シネとラブコメを介して会いたかったと語った。
ユ・アインは27日午前、オンラインで行われた映画「#生きている」の制作報告会で、パク・シネのキャスティング後に感じた感情について「ぜひ一度、一緒に演技したかった」と話した。

この日ユ・アインは、「新人時代にパク・シネさんが10代の時だった。高1だったと思う。その時、初めて偶然にプライベートで会う機会があった。続いて、互いに活動しながらなぜ会わないのかな?という考えもした」とし、「僕は実際、ラブコメで初めて会ったらどうだろうかと思った。何といっても、パク・シネさんが当時ラブコメを多く演じ、僕もシネさんのラブコメの演技が好きで、そんな作品で僕が頼っておぶさっていければいいのにと考えた」と述べた。
それとともに「ところが『#生きている』で、このようにの一緒に熾烈に生存することになった」と感慨深く語った。

「#生きている」は、原因不明の症状を持つ人が攻撃を開始し、制御不能に陥った中、WiFi、SNS、電話などすべてが切断されたままひとりアパートに孤立した人々の物語を描いた生存スリラー映画だ。
ユ・アインが原因も正体もわからない人の侵入を避けてドアを防ぎ、家の中に隠れて過ごすジュヌ役を、パク・シネが家の外に出ることができない状況の中で、冷静に生存を続ける別の生存者ユビン役を引き受けた。
「#生きている」は、6月24日に韓国で公開される。

  • パク・シネ、”「#生きている」を選択した決定的な理由は、ユ・アイン”
  • 「公式」ユ・アイン&パク・シネ主演映画「#生きている」、6月24日に韓国公開確定
  • 映画「#生きている」、メインポスター…生き残らなければならないユ・アイン&パク・シネ
  • ユ・アイン&パク・シネ主演「#生きている」、メイン予告編公開
  • 2020.05.27

    blank