パク・シネ、"「#生きている」を選択した決定的な理由は、ユ・アイン"

俳優パク・シネが、映画「#生きている」に出演するようになった決定的な理由を明らかにした。
27日午前11時、映画「#生きている」のオンライン制作報告会が行われた。俳優ユ・アインとパク・シネが出席した。
この日パク・シネは、「普通、ジャンル物というと、様々な空間での人物同志の結合を想像するが、『#生きている』のシナリオを初めて見た時、独立した空間でひとりで生き残らなければならないというテーマが新鮮だった」とし「特にユ・アイン出演という話しを聞いて、劇中のジュヌというキャラクターととてもよく似合うと思った。映画を選択した決定的な理由でもある」とし「ユ・アインが表現するジュヌの前で、私がユビンを演じたらどうなるかと気になり、期待が大きかった」と述べた。

続いてユ・アインも「私もこの映画をなぜかパク・シネがするような気がして選択した」とジョークで笑わせた。
「#生きている」は、原因不明の症状を持つ人が攻撃を開始し、制御不能に陥った中、WiFi、SNS、電話とすべてが切断されたままひとりアパートに孤立した人々の物語を描いた生存スリラーで、6月24日に韓国で公開される。

  • 「公式」ユ・アイン&パク・シネ主演映画「#生きている」、6月24日に韓国公開確定
  • 映画「#生きている」、メインポスター…生き残らなければならないユ・アイン&パク・シネ
  • ユ・アイン&パク・シネ主演「#生きている」、メイン予告編公開
  • 「#生きている」パク・シネ、生存技術最大レベルの生存者の活躍…「限界を知らない女優」
  • 2020.05.27

    blank