「S.E.S.」シュー、貸付金訴訟に続き家賃返還訴訟も敗訴?…遠征賭博激後の暴風

「S.E.S.」シュー、貸付金訴訟に続き家賃返還訴訟も敗訴?…遠征賭博激後の暴風

「S.E.S.」のシューが貸付金返還訴訟で敗訴した中で、借家人が提起した家賃返還訴訟でも敗訴したことが分かった。

シューは、2017年に米国ラスベガスで会ったパク氏に、賭け資金3億4600万ウォン(約3000万円)を借りたが、返済しなかった。パク氏は、2019年5月、シューを相手に貸付金返還訴訟を提起した。

27日、ソウル中央地裁は、パク氏がシューを相手に提起した貸付金返還訴訟で原告勝訴の判決を下し、シューはパク氏に借りた3億4600万ウォンを返済した。

シューは、パク氏の小切手で交換されたカジノチップの一部をパク氏も使用したので額面金額の全てを借りた金額とすることはできず、巨額の賭け資金を常習的に貸したことは違法になるので、返還義務がないと主張したが、裁判所は、パク氏の手をあげた。

シューは2018年8月、ギャンブルと詐欺論議に包まれ、衝撃をもたらした。
7億9千825万ウォン(約7000万円)のお金を持って、マカオなどで26回にわたって常習的に賭博をした疑いで裁判に渡されたシューは懲役6か月、執行猶予2年と社会奉仕80時間を宣告された。(2ページに続く)

 

「S.E.S.」パダのウェディング写真撮影にユジン&シューも参加

・”常習賭博”シュー(S.E.S.)、体調不良のため日本デビューシングルリリース延期へ

・【全文】“賭博容疑”シュー(S.E.S.)、賃貸保証金が返済できない報道に「入居者のために努力をしている」

・”常習賭博”シュー(S.E.S.)、貸金請求訴訟が調整不成立に

2020.05.28

blank