「百想芸術大賞」側、新人賞候補を発表=栄光は誰の手に?(新人女優編)

来る6月5日開催の「第56回百想芸術大賞」で、“スターの登竜門”とされる新人賞を手にする新人男優・女優は誰なのか。早くも期待が高まっている。

・誰が受賞しても納得の新人女優

映画「魔女」でデビューし、複数に映画祭で新人賞を獲得したキム・ダミが、初のドラマ「梨泰院クラス」 でホームランを放った。本人の演技のみならず、ドラマの成功も重なった。

ミュージカル界では既に大型女優だったチョン・ミドは、初のドラマ「賢い医師生活」で新人賞候補にノミネートされた。ミュージカルではベテランでも、ドラマ部門では新人だ。

「メロが体質」が発見した宝石=チョン・ヨビン。映画「罪の多い少女」で既に審査員の心を掴み、大衆には「メロが体質」によって人気を博した。劇中で見せた繊細な演技と相手俳優との息の合った演技は、”新人”という修飾語が似合わないほどだった。

映画「パラサイト」で長女役を演じて顔を知られたチョン・ジソは、「謗法」に出演し、幼い年齢で完ぺきな感情演技を消化。「パラサイト」の長女と、「謗法」の少女が同一人物とは思えないほど、”演技変身”は大成功だった。

「夫婦の世界」は、ハン・ソヒを発見した。”死ぬほど憎むべき”不倫女という修飾語を得たのは、演技が立証されたからだ。女優キム・ヒエとの真っ向勝負も決して引けをとらない演技で緊張感を増幅し、視聴者の視線を釘付けにした。”不倫女”というキャラクターと異なり、実際の性格は気さくで反転の魅力をもつ。ドラマ終演後、最も多くの業界からラブコールを受けている。

 

WOW!korea提供

  • 「百想芸術大賞」側、新人賞候補を発表…栄光は誰の手に?(新人男優編)
  • シン・ドンヨプ&スジ&パク・ボゴム、「百想芸術大賞」MCに抜てき…6月5日に無観客で開催
  • ことしの「百想芸術大賞」主演男優賞候補にヒョンビンやパク・ソジュンら、”大接戦”に注目
  • イ・ハニ、「百想芸術大賞」でキム・ナムギルとツーショット「私の中ではキム・ナムギルが大賞」
  • 2020.05.19

    blank