「バラコラ」水10トロット対決勃発! 「ミスタートロット」出身“F4”の新番組「ポンスンア学堂」が好調発進!

韓国は空前のトロット(韓国演歌)ブームだが、その中心にいるのが「明日はミスタートロット」(TV朝鮮)出身のトロット歌手たち。最近では、さまざまなバラエティにゲスト出演するたびに反響を呼び、まさに破竹の勢いだ。

5月9日(土)放送の「知ってるお兄さん」(JTBC)に、「明日はミスタートロット」トップ7が出演した際、同番組は視聴率15.5%で自己最高を更新。もちろん、同日の土曜バラエティでぶっちぎりの1位を記録し、改めてその人気を実感させたばかり。

そんな中、「明日はミスタートロット」が生んだ“トロットマンF4”のイム・ヨンウン(同番組1位)、ヨンタク(2位)、イ・チャンウォン(3位)、チャン・ミンホ(6位)の4人が、韓国最高のトロット歌手になるため、さまざまなことを学び、成長していく本格バラエティ「ポンスンア学堂」(TV朝鮮)が5月13日(水)にスタートした!

オープニングから、学ランを着たメンバーたちが、あぜ道を自転車で走りながら登校し、入学式を行うという設定で、歌で盛り上げ、ミニコントのような絡みも見せるという、コメディ要素が満載。さらに、イム・ヨンウン、ヨンタク、チャン・ミンホのお母さんまでスペシャルゲストとして登場し、母子ミニ運動会まで行いながら、笑いを届けた。

唯一、新型コロナウイルスにより、大邱に住むイ・チャンウォンのお母さんが来られなかったが、番組後半、リモート出演で登場するや、「会いたい」と母を恋しがるイ・チャンウォンの目から大粒の涙がこぼれ、それを見守るメンバーたちも、もらい泣き。そんな中、メンバーたちは“母に捧げる歌”を目の前で披露するなど、現場は感動に包まれ、涙腺を刺激した。

次週予告では、“バラードの女王”ペク・チヨンがゲスト出演することも分かり、さらに期待を高めた「ポンスンア学堂」の初回視聴率はなんと13.2%で、いきいなり同時間帯1位! 韓国語で言うところの「テバク」(大当たり、すごいなどの意味)、「テバク・サッコン(事件の意味)」だ。

(2ページに続く)

2020.05.15

blank