「インタビュー①」NU’EST JR、"「プロデュース2」での姿は100%僕の姿。短時間でステージを完成させるのが第一、どう編集されてもいいと思った"

K-POPが全世界の音楽ファンの注目を受けるようになったのは、誰が何といってもアイドルグループの影響が大きかった。これまで韓国内で誕生した多くのグループは、多様な魅力と音楽、そしてパフォーマンスを前面に立てて世界の音楽ファンの目と耳を虜にした。

アイドルグループの場合、メンバーがそれぞれ持つ特性及び強みを十分に発揮すると同時にチームワークまで備えれば、韓国はもちろん海外でも成功する確率がもっと高い。そのため、チーム内のリーダーの重要さは強調してもしすぎることはないという評価を受けている。カリスマ性と柔らかさを幅広く兼ね備えたリーダーは、チームをいっそうしっかり結んでメンバーひとりひとりの長所も浮上させるからだ。

リーダーの役割がより強調されるこの頃、アイドルグループのリーダの喜びと苦痛などについて調べてみた。
今回は、5人組ボーイズグループNU’ESTのリーダーJR(25·本名キム・ジョンヒョン)だ。
グループNU’ESTは、今年デビュー9年目を迎えた。アイドルが「魔の7年」を越えてチームを維持するのが容易ではないが、NU’ESTはお互いへの信頼とファンに対する愛情を土台にその困難なことをやり遂げて、いつのまにか「長寿グループ」の階級に入った。

JRはNU’ESTを導くリーダーだ。17歳という若い年齢で1チームに責任を負うリーダーとなった彼は、8年という期間を揺らぐことなくその位置を守っている。もちろん容易ではなかった。JRも初期にはチームのメンバーをひとつにするというリーダーの役割が苦手で、メンバーとぶつかったり葛藤したりした。しかし、時間が流れるにつれてメンバーを理解するようになり、尊重と配慮を基盤にチームを運営中だ。

メンバーはJRにとって力になる存在だ。彼は悩みがある時、チームのメンバーに頼る。アロンは長男としてJRの支えになってくれ、ベクホはグループの方向性について一緒に悩む。レンは「人間キム・ジョンヒョン」の悩みを打ち明ける友達で、プロフェッショナルなミンヒョンは、JRが仕事に対して考える時に最も頼れるメンバーだ。「第6のメンバー」であるファン「ラブ(L.O.Λ.E)」は、NU’ESTが何をしても力を与えてくれる。JRは、メンバーがいなかったらリーダーとしての役割をやる遂げることができなったかも知れないと、むしろ彼らをほめた。

NU’ESTにも困難な時期があった。2016年に希望に満ちで準備したシリーズアルバムが大きな反応を得ることができず、その後メンバーは「終り」について考えるようになった。JRは、その時がリーダーとして頼もしくあるべき時期だったと回想した。つかの間の彷徨の末にJRは、メンバーを励ましながら多様な活動を通じて現在のNU’ESTに生まれかわった。去年はデビュー2611日ぶりに音楽番組で1位のトロフィーを握りしめて「大器晩成型アイドル」の見本を見せた。JRはこの時が最も感激的で胸がいっぱいだったとして、今後もさらに高い目標に向かって走り続けると覚悟を固めた。

いつのまにかK-POPをリードするチームに成長したNU’EST。リーダーJRが夢見るNU’ESTの未来は何だろう。JRは「メンバーと長い期間共にしたい」とチームに対する愛情を見せた。

(2ページに続く)

・NU’EST が待望のカムバック!「NU’EST COMEBACK SHOW ‘The Nocturne’」Mnet Smart で 5 月 11 日 20 時 日韓同時配信!!

・カムバック「NU’EST」、MVティーザー初公開…“致命的でセクシーなカリスマ”

・NU’EST、「K-パプSTAR」収録に参加…イ・ヨンジャの要請に応える

・「NU’EST」ミンヒョン、魅惑的なまなざしで純白の清純な魅力を発揮

2020.05.09

blank