「SEVENTEEN」、英メディア単独インタビュー公開…「センセーションなK-POPグループ」

「I-D」は、「『SEVENTEEN』のアルバムは、常に13人のメンバーたちの感性を盛り込んだ道のりにあり、『HIT』を通じて彼らの創造性に注目せざるを得ない」とセブンティーンの音楽思想と変化に惜しみない賛辞を送った。

最後に、「毒:Fear」について「SEVENTEEN」は「この曲は、率直な感情と創造混乱の中で誕生した。これから僕たちが追求しなければならない方向、地位、将来など圧迫感があった。私たちは常に恐怖の壁を壊すため前に進んでいたが、割れない壁の前に立つこともした。その内面の心がこの曲に込められている。多くの方々が考えている「SEVENTEEN」の姿と違ったと思うが、実際これはも僕たちのアイデンティティだ」と率直な心境を明らかにした。

「この曲は、『SEVENTEEN』の過去と現在の感情を表現しているのでお話ししたかった。僕たちの考えは、成熟したし、僕たちの視点は広くなった。 『毒:Fear」』、僕たちの最大の変化の一つであり、良い結果を招いたと確信を持って言うことができる」と確固たる信念と自信を見せた。

媒体は「SEVENTEEN」の注目すべき5曲を説明し、メンバーのインタビューを扱った記事を掲載しており、「SEVENTEEN」について「ただ一夜で浮上したセンセーションではなく、K-POP内で力があるグループとして、彼らは作曲、プロデュース、完璧な公演で国内外で好評を得ておりポップ、ファンク、バラード、ヒップホップなど、引き続き創造性を発揮し、曲の成功とは関係なく、一つの枠に安住しない」と説明し絶賛した。

 

WOW!korea提供

 

ジョンハン(SEVENTEEN)、放送中の悪口疑惑に再度謝罪

・<KBS World>KBS World初放送!「ミュージックバンク in香港」SEVENTEEN、TWICE、MONSTA X、NU’EST Wら人気K-POP歌手 総出演の音楽イベント!MCはパク・ボゴム&ダヒョン(TWICE)が担当!

・「SEVENTEEN」ディノ&バーノン、幻想的なケミストリーで「DANCEOLOGY」公開

・「SEVENTEEN」、明日(5/3)放送の「Love music」で新曲「舞い落ちる花びら (Fallin’ Flower)」を地上波初披露

2020.05.07

blank