BTS(防弾少年団)、4月アイドルグループブランド評判1位…2位EXO、3位BLACKPINK

アイドルグループ100大ブランド2020年4月のビッグデータ分析結果、1位BTS(防弾少年団)、2位EXO、3位BLACKPINKの順で分析された。

25日、韓国企業評判研究所はアイドルグループブランド評判ビッグデータ分析のために、2020年3月23日から2020年4月24日まで100のアイドルグループブランドのビッグデータ113,210,292個を抽出してアイドルグループ100大ブランドに対する消費者の参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数で測定してブランド評判指数を分析した。 2020年3月のアイドルグループ100大ブランドビッグデータ113,769,391個と比較すると0.49%減少した。

1位のBTSブランドは、参加指数2,220,320、メディア指数1,653,591、コミュニケーション指数2,837,181、コミュニティ指数3,190,641で、ブランド評判指数9,901,733と分析された。 3月のブランド評判指数13,605,781と比較すると27.22%下落した。

2位のEXOブランドは、参加指数298,496、メディア指数675,522、コミュニケーション指数2,415,083、コミュニティ指数1,854,881で、ブランド評判指数5,243,982と分析された。 3月のブランド評判指数3,940,592と比較すると33.08%上昇した。

3位のBLACKPINKブランドは、参加指数250,712、メディア指数537,014、コミュニケーション指数1,888,495、コミュニティ指数1,962,619で、ブランド評判指数4,638,840と分析された。 3月のブランド評判指数5,219,601と比較すると11.13%下落した。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「2020年3月のアイドルグループ100大ブランド評判順位で、BTSブランドが1位を記録した。 アイドルグループブランドのカテゴリーを見ると、2020年3月アイドルグループ100大ブランドビッグデータ113,769,391個と比較すると0.49%減った。 細部分析を見ると、ブランド消費9.30%下落、ブランドイシュー4.03%上昇、ブランドコミュニケーション8.75%上昇、ブランド拡散8.55%下落したことが分かった。 アイドルグループに対する肯否定比率の分析は、肯定比率62.39%で3月の肯定比率60.13%より2.26%上昇した」と、明らかにした。

 

  • 防弾少年団(BTS)、3月のアイドルグループブランド評判1位…2位今月の少女、3位BLACKPINK
  • 「防弾少年団(BTS)」SUGA、新型コロナウィルス感染症の余派でコンサート延期後“コンサートしたあああい!”
  • 防弾少年団(BTS)「Spring Day」、「桜エンディング」を追い抜いた…3月の春のキャロル最強者に即位
  • 防弾少年団(BTS)、アイドルブランド評判で10月の1位に
  • 2020.04.25

    blank