<トレンドブログ>【グラビア】女優コン・ヒョジン、自由奔放な“コンブリー”

女優のコン・ヒョジンが、グラビアで自由奔放な“コンブリー(コン・ヒョジン+ラブリー)”'の姿を見せました。

ファッションマガジン「DAZED KOREA」が、5月号12周年創刊記念号のために会ったコン・ヒョジンのグラビアとインタビューを公開しました。

昨年デビュー20周年を迎えると同時に、ドラマ「椿の花が咲く頃」で「2019 KBS演技大賞」の大賞を受賞して、意味深い一年を送ったコン・ヒョジンは「DAZED KOREA」のカバーストーリー撮影現場でも加減なくベテランの面を見せました。 いくら顔を隠しても、今は声と歩き方にも人々が自分だとわかると、自由と信頼という単語を放棄したそうです。

コン・ヒョジンは「ドラマが終わりに近づいた頃に、トンベクが言います。 『いいえ、私は私を信じます』というセリフが、それが本当にカッコよかったんです。 私はいつからか私を信じて生きてきたようです。 俳優は演技をする人であるから、作品の中で私がどのように壊れても支持する人々は変わりなしに支持するだろう、という信頼があったから。 私はその時から本当に自由を得ましたよ。 実はそれ以前にもかなり自由な俳優だったが、その時はじめて『こうしたことがすぐに自由なんだ』と思ったようです」と、伝えました。

また、コン・ヒョジンは服のセンスがいいという称賛に「私は誰かが見た時、ハグしたいと思うような服を着たいです。 不便に見える服を着ていればそのような感じを与えることはできないでしょう。 ハグすると洗濯のにおいがして、感触が非常に柔らかかったり、かさっかさっとして触る時気持ちのいい服が好きです。 全体的なルックで質感とカラーの調和を最も重要だと考えます」と、答えました。

コン・ヒョジンのグラビアとインタビューは、「DAZED KOREA」12周年創刊号である5月号とホームページ、インスタグラム、YouTubeなど公式ソーシャルネットワークチャネルを通じて確認することができます。

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2020.04.20

blank