チョ・グォン(2AM)、番組でお調子者のイメージにより誤解を受けた過去の悩みを語る

チョ・グォン(2AM)がバラエティ番組「何でも聞いて菩薩」で、レギュラーのイ・スグンとソ・ジャンフンに悩みを打ち明けた。

13日に放送されたKBS Joyのバラエティ番組「何でも聞いて菩薩」で悩み相談に乗り出したチョ・グォンは「今年で31歳だ。除隊してから5日が経った。カンウォンド(江原道)ホンチョン(洪川)の11師団にいた。最近悩みが多い」と打ち明けた。

彼の悩みはバラエティのアイデンティティ。チョ・グォンは「“カプ(お調子者を意味する)(チョ・)グォン”は非難をたくさんされながら作ったシグネチャー(自慢の)キャラクターだが、バラードを歌う時笑う方が多い。バラエティタレントではない歌手、アーティストが夢だったが、カプグォンに対する面白いイメージが浮き彫りになった」と残念さを表した。

(2ページに続く)

【全文】チョ・グォン(2AM)、「事前投票後に家の近所までファンたちがついて来た」不便吐露

・チョ・グォン(2AM)&ウヨン(2PM)、除隊後初のバラエティ「知ってるお兄さん」に出演“新旧バラドル対決”

・【トピック】チョ・グォン(2AM)、8頭身スタイル際立つ写真が話題

・<トレンドブログ>祝!チョ・グォン、除隊後の華やかなビジュアル誇示。

2020.04.14

blank