【時代劇が面白い】中宗(チュンジョン)の息子の仁宗(インジョン)は孝行息子の鑑!

 

異母弟が即位
文定王后の頭の中には、我が子を王位につけることしかなかった。
その末に、文定王后は一体、仁宗に対して何を企んだのであろうか。
可能性が高い、と見られているのが毒殺である。朝鮮王朝の歴代王には「毒殺されたのではないか」という疑惑がかなりあるが、それらは噂にすぎないものも多い。しかし、仁宗の毒殺説だけは信憑性がある。
なにしろ、文定王后には明確な動機があった。

こんな継母を持ったことが仁宗の不運であった。
彼は即位から8カ月後の1545年に亡くなった。
仁宗には子供がいなかったので、異母弟の慶源大君が12代王の明宗(ミョンジョン)として即位した。

文定王后は願いどおりに我が子を王にできた。おそらく、血がつながっていない仁宗を毒殺するという残忍な方法によって……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

中宗は端敬王后(タンギョンワンフ)をなぜ守れなかったのか?

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か

端敬(タンギョン)王后の復位を強硬に反対したのは誰なのか

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2020.04.06

blank