【時代劇が面白い】中宗(チュンジョン)の息子の仁宗(インジョン)は孝行息子の鑑!

 

看病疲れが原因
世子は冠を脱がずに昼夜ずっと中宗のそばにいて看病を続けた。しかも、父を案じて自分の食事にも箸をつけなかった。
その甲斐もなく中宗は1544年に56歳で亡くなった。
すると、世子は5日間も飲み物に手をつけなかった。
父の命を救えなかったことで、自分を責めたのだ。
この話が市中で広まると、人々は世子のことを「なんと親孝行なのだろうか。まさに孝行息子の鑑(かがみ)だ」と讃えた。

とはいえ、世子の悲しみがあまりに深かったので、彼のほうも倒れてしまうのではないかと側近たちは心配した。
実際、世子は王位を継いで12代王・仁宗(インジョン)として即位しても、体調がずっと悪かった。

誰の目にも看病疲れが原因と映ったが、それでもなお仁宗は「父が亡くなったのは自分のせいだ」と反省し続けた。
その姿を文定王后は冷やかに見ていた。
(ページ3に続く)

中宗は端敬王后(タンギョンワンフ)をなぜ守れなかったのか?

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か

端敬(タンギョン)王后の復位を強硬に反対したのは誰なのか

2020.04.06

blank